ゴア (インド)

2002年4月、ゴアにたどり着くことができた。

夏のパーティーはマナリの方が盛り上がっている事を聞いていたけど、ゴアには行ってみたかった。
しかし想像以上にアンジュナビーチは閑散として人が少ない。もちろん時期もあるのだろうけど。

早速パーティー情報を仕入れ、その日の夜にあることを知る。
興奮を抑えながらその場所へ行ってみると、そこは屋外型のクラブだった。音楽はかっこいいし、人もそれなりに集まっていた。しかし物足りなかった。囲いの中ではなく大自然の中のビーチで踊りたかった。

それから、パーティーが今日こそはあるという噂が毎日必ずあり、夜の真っ暗なゴアの田園地帯を毎日バイクで探し回った。途中同じようにバイクでパーティーを探している連中とすれ違合うたびに情報の交換をした。

そして何日か過ぎた。その日も12時を過ぎあきらめかけていた。でもいつもとは違った。その日は満月だった。
そして、月に照らされた静かなビーチで、波のように夜中の3時から音が流れ始めた。何もかもを忘れ踊った。自然と牛と多国籍の人々と音楽と共に。

2005年4月、3年ぶりにゴアを訪れた。
そこは変わっていた。政府が野外パーティーを禁止したらしい。そしてアンジュナはインド人の観光地となっていた。クラブは入場料が高く盛り上がりにも欠けていた。盛り上がっているクラブはインド観光客が多くディスコ音楽が流れていた。






音質悪くヴォリューム大きいので気を付けて下さい。
知らない方がアップしたゴアの別のパーティー。



  マナリ (インド)

2005年5月、マナリに着く。

時期もよくパーティーの盛り上がりを期待した。しかしゴアのアンジュナビーチのように閑散とした雰囲気だった。そして毎日のように雨が降り、息が白くなるほどの寒さ。地元の人に聞いてみると異常気象らしい。

そして、レストランで満月の夜に"huge gathering"が開かれるというチラシを見つける。
場所はマナリから10キロの人里離れた場所、さらにそこから30分トレッキングをした場所だという。マナリでは警察を避けるために山奥でやっているようだ。

そして当日になる。
やはり雨が降り凍えるほどの寒さだ。

しかし幸運にも真夜中雨がやみ満月が顔を出す。
急いでタクシーで山まで行ってもらう。タクシーを降りるとそこは、建物も車通りもない山に囲まれた道の途中。不安が全身から溢れ出してくる場所。しかし、もう町へ戻る手段はないのでそこから頂上に向けてトレッキングを始める。

満月の月明かりはあるものの真っ暗だ。さらに雨が降ったあとで足元がものすごく滑る。ただただ上に向かって道のない山肌を登る。息はものすごく荒れ、何度も下にすべり落ち、何度も足が水溜まりに落ち、やっと頂上に光が見える。

1時間弱かかったと思う。人は20〜30人、音楽はかっこいいサイケデリックトランスが流れている。しかし、ほとんどの人が寒さでキャンプファイアーのまわりに集まっている。

やっと息が落ち着き後ろを振り返ると、また息が詰まる。
山頂がまっすぐにのび、途切れた先はるか遠くに雪をかぶったでかいヒマラヤの山々が連なっている。そして山々は白い淡い満月が放つ光に照らされ浮かび上がる。
チャイを飲み暖かい光と見渡す限りの景色に包まれながら踊った。

(カメラが壊れ、この時の雰囲気と絶景は残す事ができませんでした。たとえ撮れていたとしても、暗いので絶景とかが写っていたかは微妙ですが。ほんと残念。でも、心には深く刻まれました。)



知らない方がアップした画像。
細かい場所は違うけど雰囲気はまさにこんな感じ。

  パンガン島 (タイ)

2002年5月、パンガン島に着く。

旅雑誌に載るほど有名なフルムーンパーティー。
バンコクからバスと船を乗り継いで到着。

フルムーンの1日前だったせいですでにほとんどの宿は満室。空いている宿を探してパーティーがあるハードリンの外れの方まで歩く。そしてようやく部屋の状態と値段がまったく釣り合っていない高い安宿に泊まれる。

小さい町中はたくさんの観光客でにぎわい、ビーチにはレストランが並び、それぞれのレストランが持っているでかいスピーカーから音楽が流れている。町にいるほとんどの人がパーティーを待ち望み、機運が高まっていくのを感じた。

そしてパーティー当日。
ビーチに着いて驚く。ものすごい人の数。みんな自分の好きな音楽が流れているレストランの前で踊っている。決して短いビーチではないが歩くのがたいへんなほどレストランの前のビーチには人であふれかえる。

レストランからはトランス、ハウス、ハードハウス、ディスコ、ミニマル、ドラムンベース、ジャングル、サイケデリックトランスなどいろんな音楽が飛び交っている。そしていろいろな国のいろいろな人達の踊りと笑顔を見ながら踊る。

パーティーが終わる頃、汗をかき気持ちいい朝日と爽快感に包まれた。そしてそれは私だけではなく、そこに居たすべての人が感じたことだと思う。

2007年の暮れに2度目の訪問をする。
ハードリンは、物価の上がったリゾート地に変わってしまっていた。宿も増えていたけど、それ以上の人気ぶり。2日前に着いた時にはすでに空き部屋はほぼ無かった。

でも、パーティーは相変わらずおもしろい。クリスマスイブのフルムーンパーティー。ビーチには人、人、人。ビーチにちらばるゴミの量もものすごい。VJなんて必要の無い、ダイナミックなサンライズの中、気持ちよい汗をかき、幸せな気持ちに包まれながら踊った。












  シーロム・ソイ4 (タイ、バンコク)

昼間の大渋滞の道とは打って変わって、車通りの少なくなった静かなバンコクの夜の道。そこを猛スピードでバリバリと音をまきちらし走るトゥクトゥク。
後ろの座席で、上下に激しくバウンドするのを必死に押さえながら、ソイ4に向かう。それがバンコクに行った時のお決まりの夜遊びコースになっていた。

シーロム・ソイ4がある歓楽街パッポンに着くと、いつでも一晩中賑わっている。人混みや風俗店の客引きやばったもんを扱う屋台やらの中をぬって歩きソイ4に向かう。
ソイとは路地の意味で、ソイ4も100メートル弱で行き止まりの狭い路地。そこにはクラブとオープンバーがひしめき合っている。

どこの店からも大音量で音楽が流れていて、気に入った曲が流れている店があればそこに入る。入場料はいらないので、気に入らなければ別の店に自由に行ける。
お店はドリンク代で儲けを出しているので、長居するならドリンクを頼まないとお互い嫌な気持ちになるかもしれない。どこもビール1本100バーツ(300円)くらいで、普通の所で飲むのと比べると倍ちょっと。

音楽は、テクノが多い。でも最後に行った時は、好きだったサイトランスを流しているクラブはつぶれ、ヒップホップが流れていた。

DJのセンスも悪くなく、朝方まで酒を飲み、クラブのはしごをしながら気持ちよく踊る。




  アムステルダム (オランダ)

ガイドブックにものるクラブへ行く。
かなり洗練されたおしゃれで高級感漂うクラブ。そして、入り口でボディーチェックと荷物検査がある。

音楽は期待していただけにちょっと微妙。日本と同じでイベントによりけりだとは思うけど、この時のイベントはディスコっぽく流行のメジャーな曲が多い。DJによってはエレクトロを流す人も居るにはいた。

そして、ドラムの生演奏のパフォーマンスなんかもあり、音楽が好きで来るというよりは、エンターテイメントを楽しむ為に来る感じ。だから、地元の人よりは観光客が多い感じがした。

オランダ産のテクノは好きだけど、それを味わうことができるイベントではなかった。
ただ、クラブの内装とかはとてもクール。アムステルダムにはいくつかクラブはあって、テクノがメインのクラブもあるので、前もって調べればよいイベントを体験できると思う。








  尖沙咀 (香港)

クラブに行くつもりはなかったので、なんの下調べもしていなかった。たまたま、宿泊していた安宿がある重慶マンションそば、ネイザン・ロード沿いに派手にライティングされたクラブを見つけた。

1時はまわっていたが入り口には人だかり。テクノっぽい音が外に聞こえていたので入ってみることにした。

中は香港のテクノキッズでなかなかの混雑ぶり。
内装も宇宙っぽい感じになっていて洗練されている。そして、音楽はハードハウスのような感じでぜんぜん踊れる。

香港ではレイブもやっている噂を聞いた事があるけど、それがよくわかる。DJのセンスも悪くなく、お客ののりもよく、気持ちよい汗をかき踊ることができた。

香港では、前もって調べておけばかなり楽しめるクラブを見つけられると思う。



  クタ (バリ島)

クタ地区はバリ島で最大の繁華街のため、クラブもたくさんあった。
ただ、クタのクラブで爆弾テロ事件が発生してまだ半年しか経っていなく、現場も残っている状況だった。ちょっと怖かったので、広めの大衆向けのクラブに通った。

そこは、クラブというよりはディスコっぽいところ。
観光客はもちろん、地元の人たちもたくさん居て一晩中盛り上がっている。
音楽はテクノ。ユーロ系のトランスが中心。ダンスフロアーも広く、気持ちよく踊ることができた。

結局、バリ島に居る間、毎晩同じクラブに通ったけど、平日も休日と変わらず盛り上がっていた。バリ島は夜遊びにまったく困らない場所だ。


  麗江 (中国)

中国雲南省にある、少数民族ナシ族が住む世界遺産の町。
こんな古い趣のある静かな町に、クラブが何軒かあるなんてとても驚いた。

夜のんびり町を歩いていると、遠くから重低音が響いてきた。
自然と体は音が聞こえてくる方に向かう。そして着いた場所はまさに世界遺産の古い建物だった。
だけど、近くのあちこちの建物からは大音量でテクノミュージックが流れている。店の中をのぞくとたくさんの観光客の中国人。でも、盛り上がりはすごい。流れている音楽も、そんなにズレてはいなく踊れる曲。

好きな音楽の店を見つけ、古い家の内装を改造した派手な電飾のステージで気持ちよく踊った。

でも、こんな場所にクラブ街があるのがわからなくもない。
雲南省は少数民族が多いエリア。山岳地帯に住む民族ばかりなので、出会いの場も少ない。その為、昔から離れた隣の村とかとダンスパーティーを開いていたそう。だから、この辺一帯に住む民族は昔から踊る事が好きなのだと思う。そんな都会ではない田舎の町で踊れるという体験は、普通には無いおもしろいものだった。







           T O P     >>     M U S I C     >>    海 外 パ ー テ ィ ー         

  一覧

ゴア(インド)
マナリ(インド)
パンガン島
(タイ)
シーロム・ソイ4
(タイ)
アムステルダム
(オランダ)
尖沙咀(香港)
クタ(バリ島)
麗江(中国)