TRAVEL ボリビア


誰もいない、生物もいない、音までない世界。地球上でここだけの空っぽの世界を楽しめる。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



標高3650mの世界一高い場所にある首都。クレーターのような地形に広がるおもしろい街。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



列車の墓場と呼ばれる場所で、少し騒がしい墓参り。誰もいなかった場所は、旅人の遊び場として活気を取り戻す。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



世界遺産の街。世界で2番目に標高が高い街。現役の鉱山がそびえる街。小さな街だけど魅力が多すぎる。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



日常の世界が非日常な世界。でも、洗濯物が一瞬で乾く日常はうらやましい。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



標高3814mのチチカカ湖に面した小さな町。旅人と巡礼者が集まる聖なる地。
(2010年11月 ボリビア コパカバーナ)



世界共通で金持ちは高台に住みたがる。ここだけは、標高が高すぎるおかげで、空気が濃くなる下ほど高級住宅街。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



ここは簡単に巨人でも小人にでもなれる場所。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



坂だらけの街だから地元の人もゆっくり歩く。つらい登りをみんなと一緒に分かち合う。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



乾燥した場所だから喉カラカラ。きっと雲も水を飲みにやってきた。
(2010年11月 ボリビア コパカバーナ)



さえぎるものが何も無い荒野で、リャマの群れは蜃気楼に消えていく。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



標高4150mの世界一標高が高い街。だけど、人々は普通に暮らしている。ここは世界一肺が鍛えられる街。
(2010年11月 ボリビア エルアルト)



鮮やかな青空があるからこそ、鮮やかな色がよく似合う。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



塩湖の真ん中にたたずむ塩ホテル。壁から椅子からどこをなめてもしょっぱいホテル。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



ファイア、ファイラ、ファイガ。リャマのミイラはどの黒魔術に使えるのかな。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



塩湖ど真ん中のホテルは、電気も水も無くてトイレも破滅的。泊まる人は少ないけど不思議と日本人が多いそう。そんな物好きな日本人になってみる。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



遠い遠い異国で故郷を思い出す。知っている名前がないかついつい探してしまう。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



塩を作っている村は、あちこち塩だらけ。だから目を開けられないほど、まぶしすぎる村になる。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



湖に静かに打ち寄せる波。唯一、時間が動いていることを教えてくれる。
(2010年11月 ボリビア コパカバーナ)



空気が薄く疲労困憊で登る富士山頂。その同じ標高に、人や車で活気あふれる一国の首都がある。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



盛り上がった場所を踏むとザクッと音がする。気持ちいい音色を探してザクザク歩く。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



世界はどんどん近くなる。でも、これだけ場所も環境も違えば、必要な物も違うよな。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



雲が下に落ちていく。きっとここは天空に浮かぶ街。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



地平線まで遮るものが何一つない。汚れのない夕日は一生忘れられない美しさ。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



深夜バスで道なき道をやってくる。あまりの過酷さから解放されて、ここが天国に見えてきた。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



山に囲まれた雄大な高原地帯に巨大な街が現れる。自然があふれているくせに便利な生活ができる場所。
(2010年11月 ボリビア エルアルト)



変わった湖に浮かぶ島は、やっぱり変わった姿。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



ジャンプしたら手が届くかも。
(2010年11月 ボリビア コパカバーナ)



人気があるのは木陰のベンチ。人気がないのはハトだらけのベンチ。エサはほどほどに。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



謎の顔が迎えてくれる造幣局。きっと強盗が来ないように1人守っている。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



朽ちていく姿、錆びていく姿。わびしさに惹かれるのは日本人だからかな。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



今までの人生で1番背が伸びた。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



おばあちゃんもおしゃれ。だからどこに行っても陽気で元気なのかな。
(2010年11月 ボリビア エルアルト)



日本からはるか遠い場所で、渡辺謙の映画ポスターが大きく貼ってある。なんだか日本に居る時より応援したくなる。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



1000年のあいだ眠っていた石像。にぎやかな街の中心に置かれ、少し目覚めは悪いかも。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



渡し舟に乗って大航海。トランクに荷物が載っているから、沈まずに着きますように。
(2010年11月 ボリビア コパカバーナ)



物はあるけど誰もいない。店員はいるけど動きがない。平和な街ののどかな市場って好きだな。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



この日泊まったのは日本人3人だけ。塩湖のど真ん中の夜、ものすごい数の星と日本語だけがあふれている。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



石畳をコトコト走る車。元気に走り回る子供達。昼休みで家に向かう人々。ここが富士山より高い場所だと忘れてしまう。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



街を一歩離れただけで本来の姿が現れる。
(2010年11月 ボリビア エルアルト)



新しさは簡単に手に入るけど、古さは簡単には手に入らない。だから、いつまでもかっこいい。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



出発した時から40キロ先の目的地が見えている。白い世界の中を少しづつ大きくなる目的地。そりゃ、ドライバーだって誰だって眠くなる。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



ここで暮らす生活と都会で暮らす生活。どっちの生活が心豊かになるだろう。
(2010年11月 ボリビア コパカバーナ)



捨てられた機関車もいずれアンティークで価値が出るのかな。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



かわいらしかったりたくましかったり、それぞれが個性的。でも、触ると痛いのはどれでも一緒。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



古い車が走らない社会。そのおかげでいい事があるのかもしれないけど、古い車が大切にされる社会の方がいいな。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



光の粒が一気にあふれだす。結局、電気をつけるタイミングってみんなだいたい同じ。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



いつの間にか、太陽は世界をお揃いの色へと変えている。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



ペルーとボリビアの国境はのんびり平和な場所。こんな国境が増えると、もっと世界は平和になるのかも。
(2010年11月 ボリビア コパカバーナ)



斜めの屋根は慎重にゆっくり降りる。もし止まれなくなったら、隣の城まで大ジャンプしてしまう。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



見えない目的地を目指し、白い大地をローカルバスは走り出す。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



コカの葉が入った高山病に効くコカ茶。ペルー、ボリビアではどこでも飲めるけど、他の国では違法だから持ちだせない。
(2010年11月 ボリビア エルアルト)



クレーターに広がる街は、どこに居ても上に広がる夜景を楽しめる。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



美しい青の世界に幸せになり、おいしいご飯に幸せになり、にぎやかな通りに幸せになり。文句なしに聖地かな。
(2010年11月 ボリビア コパカバーナ)



やっと見つけた違う色。なんだかほっとする。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



真っ青な空の下、教会は内からも外からも清らかに変わる。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



乾燥した大地だから緑がない。山は味気ない世界を少しだけ華やかにしてくれる。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



どれが本物でどれが偽物か1個ずつ振り分ける。ウソみたいだけど、どれも本物みたい。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



世界一標高の高い街から、世界一標高の高い首都をのぞく。とにかくここはおもしろい。
(2010年11月 ボリビア エルアルト)



建物の屋上に登り見上げてみると、支えを失った空が落ちてくる。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



どんな宝石の輝きより、たった1つしかない太陽の輝きは美しい。
(2010年11月 ボリビア コパカバーナ)



砂煙が舞い遠くに光が見えてくる。正義のヒーロー、戦隊トラックがやってきた。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



クレーターの1番底は"月の谷"と呼ばれる場所。岩を登ったり降りたり冒険を楽しめる。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



キャンバスに描かれた1つの線は、近づくにつれ色や形が加えられていく。完成まではまだもう少し。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



昔からの笑顔を引き継ぐ街は、便利さとは少し距離をおく。だから、いつまでも優しさを失わない。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



入国して最初に飛び込んでくる景色。なんだか素敵な国にやって来た。
(2010年11月 ボリビア コパカバーナ)



標高が高いと日なたと日陰が大違い。だから、人も犬も小さなスペースを見つけるのがうまくなる。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



木も生えない高地に、人々は家を建て根をはっている。意外と自然よりたくましかったり。
(2010年11月 ボリビア エルアルト)



月に似ていたとしても、真っ青な空の下、いつもより地球を感じられる場所になる。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



日が傾くにつれて地球は染まる。毎日毎日同じ繰り返しだけど、この場所で出会えてほんとによかった。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)



ビンが割れる。シマウマ固まる。
(2010年11月 ボリビア ラパス)



こんな景色を前にして思うのは、地球に住めてラッキー。
(2010年11月 ボリビア コパカバーナ)



薄暗い教会から中庭にでると、まぶしいスポットライトに照らされる。天国にやって来たのかな。
(2010年11月 ボリビア ポトシ)



広い広い大地だから、まっすぐまっすぐ延びる。一切曲げる必要なし。
(2010年11月 ボリビア ウユニ)



今日だけは独り占め。明日はみんなを照らしてね。
(2010年11月 ボリビア ウユニ塩湖)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア