TRAVEL カンボジア


千年の間静かに歴史を刻んできた。観光地化され再び騒がしくなったけど、国旗にも描かれる偉大な寺院。
(2007年12月 カンボジア アンコールワット)



滑りやすい崩れた岩を乗り越え、さらに奥へと進む。観光というより、もう刺激的な遊び。
(2011年4月 カンボジア ベンメリア)



誰も気づかないただの柱でさえ、主役になれる魅力を持っている。
(2011年4月 カンボジア アンコールワット)



普段しないことをするのが旅の醍醐味。千円ちょっとで豪華な食事付きディナーショーを満喫。
(2011年4月 カンボジア シェムリアップ)



リーテ・ラトバリタ・ウルス。。。誰かがラピュタを地上に呼び寄せた。
(2007年12月 カンボジア アンコールワット)



知らない国の市場。もみくちゃにされているうちに、知っている国の市場になっている。
(2007年12月 カンボジア プノンペン)



ジャングルにのみ込まれた姿。それがこの遺跡を1番魅力的にしてくれる。
(2011年4月 カンボジア ベンメリア)



すぐそこまで近代化の波は押し寄せる。次来る時は、きっと今の不便さを懐かしんでいる。
(2007年12月 カンボジア バベット)



神話が描かれた600mもの壁画。いずれここが神話になるんだろうな。
(2007年12月 カンボジア アンコールワット)



不便な生活に見えるけど、魚は捕れるし涼しいし、意外と快適な生活なのかも。
(2007年12月 カンボジア トンレサップ湖)



見えない線を越えると国が変わる。国が変われば通貨が変わり、治安も変わり、快適さも変わる。確かに見えない線がある。
(2007年12月 カンボジア ポイペト)



いつも見慣れた太陽だけど、今日はとびきりの感動を連れて昇ってきた。
(2011年4月 カンボジア アンコールワット)



バスで町に着くと客引きに囲まれる。有名人かと勘違いするくらいの人気者。いや〜悪くないな。
(2007年12月 カンボジア シェムリアップ)



聞いたこともない鳥の笑い声がジャングルに響く。どうやら神様が住む世界に迷い込んだのかな。
(2007年12月 カンボジア アンコールワット)



国境からアンコールワットまでは東南アジア一の悪路が待っている。よく見かけるようなセリフだけど、確かにひどい道だった。
(2007年12月 カンボジア ポイペト)



すべての生活はボートから始まりボートで終わる。
(2007年12月 カンボジア トンレサップ湖)



きっと財宝を探している連中があの先に隠れている。
(2011年4月 カンボジア ベンメリア)



田んぼに映されるたくさんの太陽。1つずつゆっくりとオレンジ色に染まっていく。
(2007年12月 カンボジア バベット)



支えるものを失ったあとも、1000年もの間ひっそりと時代を眺めてきた。
(2011年4月 カンボジア ベンメリア)



食用の昆虫から宝石まで何でも揃う。無造作に並ぶから、ドキッとしたりニヤッとしたり。
(2007年12月 カンボジア プノンペン)



作った人が知らない、空から見た姿。作った人しか知らない秘密基地だった。
(2007年12月 カンボジア アンコールワット)



ジャングルの奥にたたずむ死者の門。遠いし観光客もいないし、来たいなら死後でもいいのかも。
(2007年12月 カンボジア アンコールワット)



原付に5人も乗っている。危なすぎ。
(2007年12月 カンボジア バベット)



やりすぎ。
(2007年12月 カンボジア バベット)



新たな味が口の中でおいしさを主張する。すると、次からは目と鼻からもおいしさを主張してくれる。
(2007年12月 カンボジア シェムリアップ)



急いだって釣れる量は変わらない。だからのんびり魚と会話する。
(2007年12月 カンボジア トンレサップ湖)



屋根が残った理由。偶然でも必然でもなく、ただ早いか遅いかだけ。
(2011年4月 カンボジア ベンメリア)



プノンペンへ向かう国道1号線。メコン川は長い順番待ちをして渡し舟でわたる。当たり前の橋がここでは無いのが当たり前。
(2007年12月 カンボジア バベット)



100人乗っても大丈夫。なわけないか。
(2007年12月 カンボジア プノンペン)



人間の目には映らない。でも連続で写真を撮るときっと動き回っている。
(2011年4月 カンボジア アンコールワット)



乾季は陸に浮かぶ島になる。雨季は水に浮かぶ島になる。どっちにしろ島になる運命。
(2007年12月 カンボジア トンレサップ湖)



巨大な出入国管理の建物。早く通り過ぎたい人々と、のんびり仕事をしたい役人の争いが繰り広げられる。
(2007年12月 カンボジア バベット)



立体感を持っていなかった光景は、近づくにつれどんどん奥行きを取り戻す。
(2007年12月 カンボジア アンコールワット)



気持ちいいくらいの崩れ方。崩れ方ナンバーワンの元遺跡。
(2011年4月 カンボジア ベンメリア)



速いスピードで発展する街だから、今のイメージもすぐに古くなる。負のイメージなんて感じない力強さであふれている。
(2007年12月 カンボジア プノンペン)



楽しさであふれた1日。日が昇って沈むまでがあっという間に過ぎていく。
(2007年12月 カンボジア シェムリアップ)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア