TRAVEL インド


ゴールデンシティーと呼ばれる砂漠の土で作られた街。今は素朴な輝きを放っている。
(2005年4月 インド ジャイサルメール)



びっくりするのは最初だけ。当たり前の景色になって、お互い譲り合いながらすれ違う。
(2001年5月 インド バラナシ)



どこから見ても貫禄の世界遺産。でも、王様が奥さんのために造ったただのお墓。
(2014年9月 インド アーグラ)



広い大地に置かれたジオラマで、いくつもの素晴らしき人生が繰り返される。
(2005年4月 インド ハンピ)



雨にも負けず、風にも負けず、波にも負けず、1300年間のド根性が魅力に変わっていく。
(2001年5月 インド マハーバリプラム)



日常でたまに出会うダージリンティー。本物のダージリンってこんな所にあったんだ。知っている言葉がやっと意味を持つ。
(2005年4月 インド ダージリン)



野外ダンスパーティーで牛も踊る!いろんな国籍の笑顔が見れる場所。
(2002年4月 インド ゴア)



水は蛇口から無限に出るのではなく、雨や川に頼るもの。
(2005年4月 インド ハンピ)



王様にはなれないけど、城の上からそっと人々の生活をのぞく。人々の笑い声が聞こえてきた。
(2005年4月 インド ジャイサルメール)



突然目の前がひらけ川に出る。いくつもの煙の中に、初めて見る死体。焼かれていく死体。死体を狙う野良犬。川に流される骨。1番見えない存在にしてきた死が、目の前にあふれていた。
(2005年4月 インド バラナシ)



インドカレーはほんとにおいしいけど、毎日3食カレーが続くとやっぱり飽きるんです。
(2002年4月 インド ムンバイ)



山の頂上に小さな寺院。おじいさんが1人静かに守っていた。おじいさんの人生すべてが詰まった寺院。
(2005年4月 インド ハンピ)



小さな町にチベットの文化がおもいっきり凝縮される。短い時間でチベット通になれるかも。
(2005年4月 インド ダラムシャーラ)



見えない線を見える線へ変え、行き来できる場所をできない場所へ変える。お互いに核を持ったけど、元の線に戻せるかな。
(2005年4月 インド アムリトサル)



塀の高さがこの場所の魅力を教えてくれる。15m級の巨人しか越えられない高さ。
(2014年9月 インド デリー)



神様、どうか崩れませんように。
(2002年4月 インド ムンバイ)



どんななぞなぞより難しい。ここに置かれたほんとの答えを考える。
(2001年5月 インド マハーバリプラム)



ヒンドゥー教の聖地でガンジス川が流れる街。見るもの聞くものすべてが初体験で、底の見えない街の渦に飲み込まれていく。
(2005年4月 インド バラナシ)



肩身が狭い道。ここはきっと牛の惑星だな。
(2005年4月 インド ジャイサルメール)



インド最南端で、アラビア海とインド洋とベンガル湾、3つの海が見れる街。とは言っても、違いのない同じ海だよな。
(2002年4月 インド カニャークマリ)



下水の整備が遅れている街。雨が降ると世の中のすべてのものが地面から湧き出して、勇気が必要な湖になる。
(2001年5月 インド コルカタ)



歴史の表舞台から消えた後。そこから流れた時間だって歴史として残る。
(2005年4月 インド ハンピ)



インドもパキスタンも同じ儀式で国境を閉める。意外と、世界が思うほどに仲は悪くないのかも。
(2005年4月 インド アムリトサル)



坂だらけで車が通れない道がたくさん。現代っ子にはちょっとつらい街。
(2005年4月 インド ダージリン)



車道の真ん中で、楽器を演奏してみんなが踊りだす。幸せな事は町中みんなで分かち合う。それが昔から続く笑顔の理由。
(2005年4月 インド ジャイサルメール)



ヤバい、って何回冷や汗を流したかな。100年以上かけて岩山を掘り出すことで作り出した寺院。
(2005年4月 インド エローラ)



やしの木と素朴な村。それ以外見どころなんてないのに退屈しない。インドの田舎って不思議な魅力を持っている。
(2002年4月 インド アレッピー)



フランシスコザビエルの遺体がある教会。教科書で、髪型に特徴がある肖像画をよく見たっけ。勉強があとになって役立った。
(2005年4月 インド ゴア)



適当すぎる接客と丁寧すぎる接客。インドと日本の両極端を見ていると、ほどほどが1番いいかもな。
(2002年4月 インド ムンバイ)



山岳鉄道というより山道を走る路面電車。鉄道マニアではなくても魅力的。
(2005年4月 インド ダージリン)



インド映画を見ると体力を使うなんて知らなかった。やっと戻れた現実世界で、乾いたのどを潤す。
(2001年5月 インド コルカタ)



10年前は素通りをしてしまった世界遺産のお墓。10年を経てこの美しさがわかるようになっててよかった。
(2014年9月 インド デリー)



インドは人間も神様もおもしろい。
(2005年4月 インド バラナシ)



巨大な舞台のなかで、壮大な神話の世界が演じられる。みんな息ぴったり。
(2001年5月 インド マハーバリプラム)



早朝の遺跡は誰もいない、自分だけが知っている秘密の場所。
(2014年9月 インド デリー)



いつも不思議だけど、日本で飲むチャイよりインドの屋台のチャイの方が断然うまい。材料?気候?ただの雰囲気?
(2014年9月 インド デリー)



真上に潜む美しさ、離れてやっと気づく。他にはどこに隠れているのかな。
(2014年9月 インド アーグラ)



ヒマラヤの奥地だって、線路は続くよどこまでも。確かに童謡にあった通りだな。
(2005年4月 インド ダージリン)



立派なヒマラヤ杉の森が神聖な空間をつくる。きっともうすぐ、カタカタと音が鳴り出してコダマが現れる。
(2005年4月 インド マナリ)



名前が持つイメージ。スィク教の聖地ゴールデンテンプルは、まさに期待通りで豪華絢爛。
(2005年4月 インド アムリトサル)



神様だって、たまには怒られる。
(2002年4月 インド ジョードプル)



世界遺産に登録された駅は、これから始まる旅を盛り上げる。まずは時刻通りに発車することを祈るだけ。
(2002年4月 インド ムンバイ)



穏やかで平和な雰囲気からは、祖国を追われる苦難なんて想像ができない。遠い存在だった祈りが少し近くなる。
(2005年4月 インド ダラムシャーラ)



目指す王国を見つけた時の喜び。少しは味わえたかな。
(2005年4月 インド ハンピ)



砂漠に住む少年。お金には大人以上にしっかりしているけど、笑顔は少年そのもの。
(2005年4月 インド ジャイサルメール)



砂漠にある暑すぎる街。クーラーも冷蔵庫もない場所で、街が青い。それだけで涼しさを運んでくれる。
(2002年4月 インド ジョードプル)



遅い牛は左側。地元の人より交通ルールを守る牛。
(2005年4月 インド ゴア)



薄っぺらい造りの宮殿は風を通す為の1番いい形。でも、狭小住宅すぎて住むには不便かな。
(2002年4月 インド ジャイプル)



神様に選ばれた特権で、街のあちこちが大にぎわい。洗濯物を盗んでも、せめて着てくれたらいいんだけど。
(2005年4月 インド バラナシ)



10年前は牛が歩き、物乞いがたくさんいて、悪い誘いやらをしつこくされる安宿街。今は何もなさすぎて拍子抜け。
(2014年9月 インド デリー)



階段で地下へ降りると小さな井戸がある。大切な場所だからこそ美しくする。水くみも少しは楽しくなったかな。
(2005年4月 インド アーマダバード)



何十年もかけて磨かれた職人技。インドにはそんな技があちこちにあふれている。
(2002年4月 インド マイソール)



外とは逆にシンプルでひっそりした内部。安らかに眠るにはちょうどいいのかな。でも今はうるさくて眠れないだろうけど。
(2014年9月 インド アーグラ)



交通ルールはぶつからないって事だけ。とにかく、1日中クラクションの音色を楽しめる。
(2001年5月 インド コルカタ)



無所有が良いとされるジャイナ教。裸足になって熱い坂道を登ると、気持ちいいほど教えを実践した像が迎えてくれる。
(2002年4月 インド マイソール)



沐浴と海水浴。見極めるのは難しいけれど、人々の心はきっと祈りであふれている。
(2002年4月 インド カニャークマリ)



知らない街をレンタバイクで走っていると、自分の街になったような親近感。今日はちょっと遠回りしてみようかな。
(2005年4月 インド ゴア)



カメラでなんか全貌を撮らせてくれない。わかりにくいけど、遺跡のクレイジーさ伝わるかな。
(2005年4月 インド エローラ)



肉を食べる。普段と違うのは、さばく場面を見るか見ないかだけ。
(2005年4月 インド コルカタ)



チベット亡命政府ができて半世紀。ポタラ宮殿を見た事がない世代も増えたけど、遠い祖国への思いはきっと変わらない。
(2005年4月 インド ダラムシャーラ)



かみタバコ屋さん。バスで前席の人が噛み出すと、窓から吐き出す赤いツバが風にのり、いつも自分の服まで赤くなる。
(2002年4月 インド ムンバイ)



異教徒も裸足になってターバンを巻かないと寺院に入れない。大理石の気持ちいい冷たさと、ターバンの一体感を味わえる。
(2005年4月 インド アムリトサル)



人も牛も日光浴できるビーチ。早く黒くなりたい。
(2005年4月 インド ゴア)



亡くなったばかりのマザーテレサの家で、短い時間だけどボランティアを経験する。意志は確実に受け継がれていた。
(2001年5月 インド コルカタ)



街が美しいから民家だって美しい。民家が美しいから住んでいる人の心だって美し、、、どっちだろう?
(2005年4月 インド ジャイサルメール)



ヒマラヤ山脈の中にたたずむ小さな町。インドでは珍しくスキー場があり、野外ダンスパーティーがひらかれる。
(2005年4月 インド マナリ)



生と死の境が近い国だから、日本より生きる喜びが感じられる国。
(2002年4月 インド ムンバイ)



のんびりとした空気に脳から幸福感がとろけだす。心や体を覆った重い殻をすべて取り払う。
(2001年5月 インド マハーバリプラム)



灰や死体が流れ、生活廃水や下水が流れるガンジス川。躊躇している外人なんか気にも留めず、沐浴し川に祈りをのせる。
(2005年4月 インド バラナシ)



マハラジャの宮殿はあまりにも大きくて、豪華で、金持すぎる。今までのイメージなんてちっぽけすぎた。
(2002年4月 インド マイソール)



街を少し出ると、車も人も居ないのんびりとした国境。旅人は国境警備員の最高の暇つぶしになる。
(2005年4月 インド アムリトサル)



この時の天気や時間、この時の音や匂い。この時の気分。1つでも違ったら、一生忘れない大好きな場所にはならなかったのかな。
(2005年4月 インド エローラ)



選ばれた人しか入れなかった場所を自由に見て回る、今の平和な時代に感謝。
(2014年9月 インド アーグラ)



スタンドバイミーとは程遠いけれど、線路の上を歩いて少しだけ青春を味わってみる。
(2005年4月 インド ダージリン)



タイミングが悪くて楽しみだったモスクに入れない。でも人懐っこい子供たちのおかげで一瞬で笑顔に戻る。
(2014年9月 インド デリー)



ここには2回来たけど2回とも居たおじさん。毎日毎日ここで美しい音色を奏でているのかな。
(2005年4月 インド ジャイサルメール)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア