TRAVEL インドネシア


どれだけ世の中に情報があふれ、どれだけ世の中が近くなっても、ここでの1度の経験は強烈すぎる。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



大地が青い炎を上げる。そんなウソみたいな現実、誰も信じてくれないよな。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



期待も少ないし、知識も少ないし。だから、目の前に現れた仏教遺跡に心から驚いた。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



神様なんていないかもしれない。だとしても、ここでは大きな力に祈りたくなる。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



人々を惹きつける南国の島。日常とはひと味違う時間を楽しめる。
(2015年7月 インドネシア バリ島)



夜明け前。遠い街の明かりが、まだ見ぬ全貌をこっそり教えてくれる。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



目は痛いし、肺はビリビリ痛いし、鼻水はジュワーとあふれるし。もう、地獄にしか見えないし。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



いつまで経っても景色は変わらない。だとしても振り返るたびに感動が現れる。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



わかっているのに、ある時はほっとして、ある時は感動してしまう。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



絶景に囲まれていると絶景を忘れてしまう。でも部屋の机の上だと絶景は簡単によみがえる。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



木琴の音が優しく響き、個性的な寺院が個性的な島を演出してくれる。
(2003年6月 インドネシア バリ島)



どこに立っているかはわかっている。でもそれ以外は何1つわからない。脳は少し混乱して興奮する。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



2つの山のど真ん中。365分の2という奇跡に何かいいこと起こるかな。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



うす目を開けると、いじわるな砂は世界を優しい色に変える。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



アヒルに案内される散歩道。素敵な場所に迷い込む。
(2003年6月 インドネシア バリ島)



空に隠れても、強烈な臭いですぐに見つかるけどね。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



火の神が住むといわれる地。そんなセリフも簡単に信じてしまう場所。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



肌はつき刺すけど、体の芯へはじんわりやってくる。ビーチに寝転がりビールを飲みながら気持ちいい日光浴。
(2015年7月 インドネシア バリ島)



数分おきに爆発音が地鳴りとなってやってくる。人間をおびえさせるには充分すぎる。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



がんばって早起きした分、いつもより重圧を背負った朝日。期待に応えてくれてありがとう。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



美しさと危険が紙一重。人間のあくなき探求は、時として偉大であり、時としておろかすぎる。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



神様に近づく場所は、この街に溶け込む場所。
(2015年7月 インドネシア バリ島)



時代が変わりこの国の宗教は変わったけど、ブッダの時代もアッラーの時代も人々は平和に暮らす。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



70キロの重さ、ガスマスクなし、1日2往復、日給千円ちょっと。日本の生活は、すでに幸運を手にしているってことか。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



目は天国、鼻は地獄。頂上に近づくにつれ、硫黄のにおいがどんどん迫ってくる。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



花より団子。神様も一緒かな。
(2015年7月 インドネシア バリ島)



雲海じゃなくてガスの海。晴れているのに見られるからお得な気分。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



威厳ある表情や怖い表情。でも、大自然に囲まれた場所には穏やかな表情が一番似合う。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



我に返るまで、時間を忘れて眺めてしまう。ここに長居すると、魂を抜かれるかもな。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



慣れた言葉に新しい形が加わる。新入りの記憶はしばらく人気者。"やま"。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



ヒンドゥー教の特権で、神様としてふんぞり返る。
(2003年6月 インドネシア バリ島)



死をも感じてしまう場所で淡々と仕事をこなす。世の中は一握りの人の欲深さに、たくさんの人が振り回されている。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



外側を見張るのではなく、内側を見守っている。だから恐ろしさなんて必要ない。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



セミのやかましい鳴き声は、いつの間にか心地良いBGMになっている。
(2003年6月 インドネシア バリ島)



不気味な場所だけど怖さを感じない。肌寒い山で、熱波がじんわり温めてくれるおかげ。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



旅という大きな幹からたくさんの枝が延びる。例えば旅から乗馬をしたくなったり。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



1歩の重みは全く違う。でも観光客のモデルになってチップを稼ぐ。少しは軽くなるといいな。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



大空を飛ぶ1匹の鳥。時間の止まった夢から引き戻してくれる。
(2003年6月 インドネシア バリ島)



災害の現場を残すのはきっとつらい。でも、次の世代へ思いはつながっていく。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



ライトの光は内部に柔らかく広がっていく。透きとおらない石にも輝きは隠れている。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



おともは誰も居ない。きびだんごも持っていない。ストーリーの順番を間違えた。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



人が居ない静かな道をミニトレッキング。唯一出会ったのは、道の真ん中に陣取るトカゲだけ。
(2003年6月 インドネシア バリ島)



毒ガスの通り道と人間の通り道。植物にとったらどっちも一緒かな。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



映画やゲームを見過ぎたせいで、リアリティーのない主人公になっている。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



たくさんの星より、車の光に見とれてしまう。見慣れているくせに、現代社会にどっぷり洗脳されている。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



空を見上げると無数の光が輝いている。でも、この場所には必要なかったり。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



田んぼを見ると心が安らぐ。日本人に生まれたおかげ。
(2003年6月 インドネシア バリ島)



地味なくせしてジワジワ驚きがやってくる。これぞ世界遺産の貫録かな。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



見えない所で何かが動く。見えない所で何かが煮えたぎる。よく考えたら、この星は見えないことだらけ。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



南国の日差しをあびて幸せな気分に包まれる。でも、夜になったら肌がヒリヒリで泣けてくる。
(2003年6月 インドネシア バリ島)



見渡す限り西洋人。そうすると不思議とヨーロッパを旅している気分になってくる。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)



大きな山がそびえる街が好きになる。富士山がある国に生まれたおかげ。
(2015年7月 インドネシア ジョグジャカルタ)



1日が終わる瞬間、3Dの世界へと大変身。
(2003年6月 インドネシア バリ島)



引き返すも勇気。言ってみたかったけど行くこと自体をやめておこ。
(2015年7月 インドネシア ブロモ山)



イメージと違い気さくで明るい人々。心の余裕はお金の量とは比例しない。
(2015年7月 インドネシア イジェン山)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア