TRAVEL ヨルダン


期待をさんざんあおって突然ドカンと現れる。遺跡もすごいけど、そもそも演出がうますぎる。
(2009年11月 ヨルダン ペトラ)



いつもと同じくらい遠いけど、手を伸ばせば届きそう。そう思えた最初の場所。
(2009年11月 ヨルダン ワディ・ラム)



足を入れてもいつもと同じ。勇気を出して横になると見事にプカプカ浮かぶ。空を飛んだらきっとこんな気分かな。
(2009年11月 ヨルダン 死海)



エメラルドグリーンとコバルトブルーが出会う海。かっこいい色がたくさん集まっている。
(2009年11月 ヨルダン アカバ)



今まで知らなかった遠い彼方の街は、人々でにぎわう現実の街になる。
(2009年11月 ヨルダン アンマン)



波が打ち寄せる見慣れた景色。塩の結晶だと気づき、一瞬で未知の景色に変わる。
(2009年11月 ヨルダン 死海)



地球が作った恐怖の橋に立ってみる。上では足ガクガクだけど、下から見るとちっとも怖く見えないな。
(2009年11月 ヨルダン ワディ・ラム)



丘の上の静かな遺跡から、騒々しい下界を見おろす。なんだか下の世界の方が恋しくなってくる。
(2009年11月 ヨルダン アンマン)



山に囲まれた場所に秘密の遺跡が残る。"開けゴマ"の合言葉はどこで使えるかな。
(2009年11月 ヨルダン ペトラ)



息を切らして山に登る。だけど雄大すぎて、上からも下からも景色はあまり変わらない。
(2009年11月 ヨルダン ワディ・ラム)



日が傾くにつれ世界は赤く染まっていく。この景色が紅海と呼ばせた理由かな。
(2009年11月 ヨルダン アカバ)



地球上で最も標高が低い場所。マイナス410メートルへ向かってどんどん高度を下げていく。
(2009年11月 ヨルダン 死海)



太ったインディジョーンズを発見!もしや聖杯を見つけたのかな。
(2009年11月 ヨルダン ペトラ)



見慣れた車がたくさん走っている。この国からやってきたと自慢したくなる。
(2009年11月 ヨルダン 死海)



首輪もつけずに群れで歩いている。もしかして脱走の途中かも。
(2009年11月 ヨルダン ワディ・ラム)



空をのんびり流れる雲。でも、地面を流れる影はものすごいスピードでやって来る。
(2009年11月 ヨルダン ワディ・ラム)



人のための建物にしてはやけにでかい。昔は別の文明があったのかも。例えば、車に変身するロボットとか。
(2009年11月 ヨルダン ペトラ)



街の上にたなびく巨大な旗は、迷った時の道しるべ。
(2009年11月 ヨルダン アンマン)



はいつくばって腕を伸ばす。カメラだけに下の世界をのぞかせてあげる。
(2009年11月 ヨルダン ペトラ)



砂漠を抜けて遠くに紅海が見えてくる。地図に載っている場所を見つけて少しほっとする。
(2009年11月 ヨルダン アカバ)



死海に近づくと検問がいくつもある。それもそのはず、対岸のイスラエルまで、沈まないおかげでかなづちでも泳いで行ける。
(2009年11月 ヨルダン 死海)



広大な砂漠で、昔はラクダが活躍し今はトヨタのランドクルーザーが活躍する。昔も今も変わらない安心感。
(2009年11月 ヨルダン ワディ・ラム)



1時間ほど歩くと正面から風が吹いてくる。やっと目の前から光があふれ、隠された財宝まであと少し。
(2009年11月 ヨルダン ペトラ)



壁に残された絵は過去を知る手がかりになる。描いた人の空想じゃなければいいけど。
(2009年11月 ヨルダン ワディ・ラム)



遠くから見ると巨大な宇宙船。ドキドキしながらやってくると美しいモスクが待っている。
(2009年11月 ヨルダン アンマン)



プライベートすぎる静かなビーチで、誰にも邪魔されない素敵な時間を心に刻む。
(2009年11月 ヨルダン アカバ)



長距離の客だからテンションが高いタクシー運転手。猛スピードすぎて、無事に着くことをひたすら祈るだけ。
(2009年11月 ヨルダン 死海)



地球の成長を岩に記録する。身長が伸びたり、たまにねじれたり。歳を重ねながら味わいを増している。
(2009年11月 ヨルダン ペトラ)



行きは地獄、帰りは天国。絶景の砂丘の山登り。
(2009年11月 ヨルダン ワディ・ラム)



1日5回、祈りのために訪れる。これだけ華やかなら何度来たって飽きないかな。
(2009年11月 ヨルダン アンマン)



この星はまだまだ知らない事だらけ。日本人より前にまずは地球人だな。
(2009年11月 ヨルダン ワディ・ラム)



砂漠で生きる人々。コンクリートジャングルで生きる人々。それぞれに、かっこいい居場所がある。
(2009年11月 ヨルダン ペトラ)



対岸にはエジプト。初めて口にしてみた言葉、"シナイ半島"が目の前に広がっている。
(2009年11月 ヨルダン アカバ)



生物が住めない死の海を人間の特権で楽しめる。でも、全身ヒリヒリしてくるのは気のせいかな。
(2009年11月 ヨルダン 死海)



おいしかったから同じ食堂で同じメニューを頼む。2度目の来店にうれしそうな店員さん、味も心もつながった。
(2009年11月 ヨルダン アカバ)



きっと昔はティラノサウルスが走り回っていた。今は観光用のロバが走り回ている。
(2009年11月 ヨルダン ペトラ)



たくさんの人に声をかけられる。興味本位だったり、親切心だったり、とにかく人懐っこい人々のおかげで楽しい街になる。
(2009年11月 ヨルダン アンマン)



もしまた来れたとしても、たぶんこの景色は何も変わらない。だとしても、また来れたらいいな。
(2009年11月 ヨルダン ワディ・ラム)



圧倒的な自然を前に、自分の小ささをかみしめる。
(2009年11月 ヨルダン ペトラ)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア