TRAVEL キルギス


標高3000mにある秘境の湖。9月末に訪れたので、草原は枯れてしまい金色の絨毯のよう。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



目立ちすぎず地味すぎず、きれいすぎず汚すぎず、有名にならず忘れ去られもせず。この場所に最高に似合っている。
(2011年9月 キルギス ビシュケク)



標高4000mの天山山脈は横一直線に力強く並ぶ。天とつながる山に見えてきた。
(2011年9月 キルギス チョルポンアタ)



大自然が身近にある首都ってちょっと新鮮。見上げるのも楽しい街。
(2011年9月 キルギス ビシュケク)



結局、奥に見える山のふもとまで往復7時間のトレッキング。軽いつもりが1日がかり。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



もう二度と会えない景色だけど、出会えて良かった。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



遠い異国の小さな首都だけど、渋滞は起きるし、街はにぎやかだし、人々は日々生活している。まだまだ知らない世界がたくさん。
(2011年9月 キルギス ビシュケク)



今日最後の光がすべてを包み込む。また明日もよろしく。
(2011年9月 キルギス チョルポンアタ)



たくさんの物に囲まれた生活は便利だけど、質素な生活は小さな事が幸せに感じられる。だから小さな幸せがあふれている。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



標高4000mの山だけどそんなに高く見えないな。富士山のおかげで簡単に高さをイメージできる。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



名前があるのか無いのかわからない。でも、"キルギスで見かけた小さな湖"。ほら、もう一生忘れない。
(2011年9月 キルギス コチコル)



動いているものは、ゆっくり流れる雲と、小さく風になびく草。ここでは何ひとつ急ぐ必要がない。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



世界第2位の透明度。魚は隠れる場所が無くて丸見え。
(2011年9月 キルギス チョルポンアタ)



たった1つだけ残った木、この景色を特別なものにしてくれる。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



どのパンも当たり前に賞味期限があると思っていた。2年後でも水をつけて焼き直せば食べられる。
(2011年9月 キルギス ビシュケク)



誰一人いない空間で、唯一動く雲。今まで以上に目の前に迫ってくる。
(2011年9月 キルギス コチコル)



合成写真のようなほんとの景色。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



お客さんとハエをたくさん乗せたミニバスは、小さな町コチコルに到着。
(2011年9月 キルギス コチコル)



氷河が少し顔を出している。見れなかった氷河は、家で衛星写真を使って簡単に確認。便利で不思議な世の中。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



景色が大きすぎて感覚が麻痺してしまう。近く見えても山まで80キロもの距離。
(2011年9月 キルギス チョルポンアタ)



馬の群れが水を飲みにやってくる。飲み終わるとまた群れで一緒に帰っていく。都会生活は当たり前のことを忘れさせてしまう。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



小さな峠だけど、ここが目的地だっておかしくない。
(2011年9月 キルギス コチコル)



雪解け水の冷たくてすんだ川。乾燥したシンプルな世界に、たくさんの色が生まれる理由。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



薄くて重い布団が3枚あっても寒い夜。だけど、翌朝目が覚めると新しい始まりに全身が熱くなる。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



見たことのない食材に興味を惹かれ、見たことのある食材にちょっとうれしくなる。
(2011年9月 キルギス ビシュケク)



見慣れた空からの絶景より、たまには地上の景色をゆっくり楽しみたいかな。
(2011年9月 キルギス チョルポンアタ)



車が無くても不便じゃない。大草原では馬が最高に便利。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



町のはずれには豪華なお墓が並ぶ。まわりの景色に溶け込んで、いい味をだしている。
(2011年9月 キルギス コチコル)



遠くから眺める川は悠々とした流れだけど、近くで見る姿は荒々しい。時々忘れないように自然の力を思い出す。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



街の光輝く夜景はないけれど、美しい夕暮れと美しい星空が輝いてくれる。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



一瞬で過ぎ去る景色。一瞬だとちょっともったいないな〜。
(2011年9月 キルギス コチコル)



山の向こうはお隣の国カザフスタン。高い壁が見えない線を作っている。
(2011年9月 キルギス チョルポンアタ)



近いようで遠い道のり。でも、いつのまにか近い存在になっている。遠かった道のりもすぐにいい思い出。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



素朴な料理に体を温められ、素朴な家族に心を温められる。ロウソクの灯りが心の壁を溶かしてくれる。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



かわいかったり、威厳たっぷりだったり、個性が刻まれている。
(2011年9月 キルギス ビシュケク)



手をかけすぎず、人間と放牧された家畜が絶妙のバランスで生活している。いい距離感。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



長い年月をかけた巨大なアート。そんなひとつの作品に出会えて良かった。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



小さな村を走っていると村人が手を振ってくれる。見えなくなるまで振ってくれる。なんて素敵な場所なんだろう。
(2011年9月 キルギス コチコル)



季節外れのビーチは哀愁ただよう。それがたまらなく好きだったり。
(2011年9月 キルギス チョルポンアタ)



あっちもこっちも落石危険地帯。何度も何度も繰り返される日常の世界。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



落石地帯を通り抜ける時だけは非日常でいてほしい。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



水は湖から、電気は太陽とロウソクから、燃料は家畜のフンから、ミルクや食事は家畜から。昔の生活が1番エコだと気づく。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



メインの街道をはずれ未舗装の道路へ入る。心の準備をしないうちに大自然が飛び込んでくる。
(2011年9月 キルギス コチコル)



地球を独り占め。自分だけしか知らない姿、見せてくれてありがとう。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



いつもと同じ太陽が沈む。でも今日の太陽はなぜかいつもよりまぶしい。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



何もない平原だけど、日々変化する山を眺めていたら飽きないよな。
(2011年9月 キルギス ビシュケク)



標高3600mの無名の峠は、何かを考える気にさせない場所。頭を空っぽにしてただ絶景を眺めるだけ。
(2011年9月 キルギス コチコル)



自然は生きる為の力でもあり、死へ導く力でもある。ここで生きるって事は自然の力を忘れないって事。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)



これ以上進むと日暮れに間に合わないかも。そうそう誰かが言った言葉、引き返すのも勇気。ここが即席のゴール。
(2011年9月 キルギス アラアルチャ)



将来、家の庭にユルタを建てて生活するのもおもしろいな〜。夢がまたひとつ増えた。
(2011年9月 キルギス ソンコル湖)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア