TRAVEL ラオス


素朴な街並みの首都らしくない首都。その首都らしくないところが居心地の良さを作ってくれる。
(2007年12月 ラオス ビエンチャン)



心は穏やかになり、なんだか幸せな気分で満たされる。寺院があるべき姿かな。
(2011年4月 ラオス ルアンパバーン)



風にのって届くニワトリの鳴き声や子供達の笑い声。普段聞いている街の音とはずいぶん違う。
(2007年12月 ラオス ルアンパバーン)



雄大な自然が残る風光明媚な町。世界中の若者が集まるにぎやかな町。正反対のギャップで魅力的すぎる町になる。
(2007年12月 ラオス バンビエン)



まねして作った凱旋門。本場の足元にも及ばないけど、見所が少ない街だから本場以上に味がある。
(2007年12月 ラオス ビエンチャン)



無造作に転がる石の壺。それ以外のヒントが何もないから、いまだに答えは謎のまま。
(2007年12月 ラオス シェンクワン)



町の中心ではピーマイラーオ(ラオス正月)のパレード。電飾は着いていないけど遊園地よりおもしろかったり。
(2011年4月 ラオス ルアンパバーン)



ここは人だけの橋ではない。とにかく、すれ違う時は慎重に。
(2007年12月 ラオス バンビエン)



シンプルな世界に心から癒される。幸せってそこら中に転がっているのかな。
(2011年4月 ラオス ルアンパバーン)



ここで暮らす人生も都会で暮らす人生も同じくらいあこがれる。でも、1番良いのはどっちも味わえる人生。
(2011年4月 ラオス ナムカーン川)



水をかけあい、粉をかけあい、顔に泥を塗りあう。気づけばびしょびしょになって心の底から笑っていた。
(2011年4月 ラオス ルアンパバーン)



機械を使い出してまだ100年。牛を使ってもう数千年。牛の農作業を見慣れないのは現代人だけ。
(2007年12月 ラオス シェンクワン)



人々から食料をほどこされる僧が、逆にその食料を貧しい子供達にほどこす。 困っている人を助けるわかりやすい仕組み。
(2011年4月 ラオス ルアンパバーン)



新たな国への期待と不安が入り混じる。船で国境を渡る、5分間の小旅行。
(2007年12月 ラオス フアイサーイ)



モン族の民族衣装は個性的できれい。あちこちで若い男女がキャッチボールをしていて、出会いの場なのかも。
(2007年12月 ラオス シェンクワン)



コンクリートに囲まれるより、青い空と緑に囲まれる。 こんな首都が多くなると、世界はもっと平和になるのかも。
(2007年12月 ラオス ビエンチャン)



使いすぎで町の水道が止まる。でも、そんなの気にせず川から補給。みんな生活より祭りに夢中。
(2011年4月 ラオス ルアンパバーン)



家のゲームで冒険をするより、こっちの冒険の方がきっとおもしろい。
(2007年12月 ラオス バンビエン)



タイムトリップした素朴な世界。ひとつわかった事は、都会で過ごすより笑顔があふれているってこと。
(2007年12月 ラオス シェンクワン)



王宮は大きさで力を誇示するだけではなく、美しさでも誇示できる。
(2011年4月 ラオス ルアンパバーン)



な、なんか食われている。ブッダ絶体絶命?
(2007年12月 ラオス ビエンチャン)



昔ながらの素朴な家には、昔ながらの良さが残っている。このまま残ってくれたらいいけどな。
(2011年4月 ラオス ナムカーン川)



精一杯ひざを折りたたんで体育座り、そして恐怖の猛スピード。 高速ボートに乗って、古都ルアンパバーンへ8時間の旅。
(2007年12月 ラオス フアイサーイ)



他にも必要なものがあったかもしれない。でも、ここには壺がよく似合う。
(2007年12月 ラオス シェンクワン)



数十年前はここから毎日戦闘機が飛び出した。どう見たって、ここには平和しか似合わない。
(2007年12月 ラオス バンビエン)



人や車が多すぎないから素朴な町が生まれる。人や車が少なすぎないから居心地の良い町が生まれる。
(2011年4月 ラオス ルアンパバーン)



国をまたぐ橋の真ん中で、ラオスとタイを何度も行き来する。 島国で生まれたから、ついつい見えない線の上で遊んでしまう。
(2007年12月 ラオス ビエンチャン)



ダイナミックな夕暮れは、涼しい風と一緒にとろけるような幸せを届けてくれる。
(2007年12月 ラオス バンビエン)



重装備で身を固め、水が飛び交う戦場で大活躍。でも、丸腰の旅人を狙うのはちょっとにしてね。
(2011年4月 ラオス ルアンパバーン)



ジャングル、砂漠、氷河、山。世界中に魅力的な自然はたくさんあるけど、広大な丘っていうのも意外と魅力的。
(2007年12月 ラオス シェンクワン)



レストランでは当たり前に長く待たされる。注文してから買出しに行っているのかも。 どんどん体がスローライフに慣れていく。
(2007年12月 ラオス フアイサーイ)



一瞬で過ぎ去るこの時間。だからこそ余計に感動してしまう。止まっているようで早いんだよな。
(2011年4月 ラオス ルアンパバーン)



どんなに素朴な生活だって、アンテナ1つで世界と簡単に繋がれる。
(2011年4月 ラオス ナムカーン川)



少しずつ増える対岸のタイの街あかり。ぼんやり眺めながら、今日一日の大冒険を振り返る。
(2007年12月 ラオス ビエンチャン)



どっかで見たことあるような。いやいや気のせい。
(2007年12月 ラオス シェンクワン)



ターバン見たらインドらしい。毛皮の帽子を見たらロシアらしい。日傘を差した僧を見たらラオスらしい。 ひとつラオスに近づける。
(2007年12月 ラオス ルアンパバーン)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア