TRAVEL モロッコ


テレビで何度も見てきた砂漠。本物の砂漠は、記憶をつなげた夢の世界。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)



世界遺産に登録された美しい村は、大自然にたたずむ孤高の摩天楼になる。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



カラフルな民族衣装。シンプルな世界だからこそ町をいろどる花になる。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



遠い異国の存在すら知らなかった街。だけど着いたとたん心の奥から熱くなる。誰もを夢中にさせる巨大な広場。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



いつかどこかで聞いた街の名前。頭の片隅だった街は、異国情緒あふれる街としてしっかり記憶に刻まれる。
(2012年5月 モロッコ カサブランカ)



裸足になって早朝のヒンヤリとした砂を歩く。たまに砂の奥の昨日の温もりと出会う、太陽を感じる散歩。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)



たくさんの屋台が並び、壮絶な客引き合戦が始まる。いくつもの関所ができあがり、通り抜けるのが一苦労。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



整然という言葉が1番似合わない街。ただ、空へと向かう白いアンテナは、唯一整然だった。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



いつもと同じ夕暮れだけど心は満たされる。今日1日があまりにも刺激的だったからかな。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



アフリカで1番美しいと言われる門。意識したことで始まる新たな楽しみ、アフリカで2番目に美しい門を探す旅。
(2012年5月 モロッコ メクネス)



過酷さをイメージしていた砂漠も気楽に体験できる時代。でも、ラクダに揺られてお尻の痛みだけは過酷。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)



街の入り口で旅人を誘惑する門。現実と迷宮をつないでいる。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



今は観光客が訪れ、映画撮影にも使われる。生活感がなくなっても、素朴な華やかさはなくならない。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



コブラ使いがいたり、楽器を演奏したり、格闘技をしていたり。大道芸人に共通しているのは、みんな旅人の扱いがうますぎる。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



道を歩いていたら知らぬ間に他人の家に入りこんでいる。この街は道を作るより先に家を作ったのかな。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



谷に流れるのは緑色。遠くの街まで森を運んでいる。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



初エスカルゴ。触角がついたありのままのカタツムリを楊枝で食べる。美味なのか罰ゲームなのか。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



静寂な空間で唯一動く風。さびしくないように自分の姿を残す。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)



風の道と呼ばれる道は、風を感じるより空の近さに驚いた。風を空へと届ける滑走路かな。
(2012年5月 モロッコ メクネス)



屋台からあふれる煙と匂い。大道芸人が繰り広げる奇抜なショー。無意識に広場の中心へと吸い寄せられる。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



モロッコ最大のモスクはガリバーが住む世界。巨大な門をガリガリしながら、開けてくれるのをじっと待つ。
(2012年5月 モロッコ カサブランカ)



街にたたずむ城はどんどん色を失っていく。今日は夕暮れが終わってしまうのが早すぎる。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



夜ににぎわう飲み屋さん。唯一の違いは、お酒ではなくてミントティーを飲んでいる。それでもきっと楽しい時間に酔える。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



大地が細かい砂に変わる場所。別世界への入り口は、突然地平線にあらわれる。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)



異教徒が入れない世界。入り口から豪華絢爛の美しい世界を想像する。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



遠い大陸の遠い街で人々は笑い生活をする。どこに居たって何も変わらない。気づいたおかげで心の距離は近くなる。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



未知の味に出会える屋台。甘いけど辛口のジンジャーティーは、くせになるおいしさ。忘れられない味がひとつ増える。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



ここは黄色国の領地。ピンク国がすぐそばまで勢力をのばしている。
(2012年5月 モロッコ メクネス)



美しい世界を眺めていたら、いつの間にか美しい世界の一部になっていた。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)



次々とあらわれる異文化の世界。知っている知識がないから経験を生かせない。だから子供の気分で楽しめる。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



名前しか知らなかった"こうのとり"。やっと言葉に形ができて、いろんな謎がとけていく。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



巨大な空間のくせして繊細な美しさ。まだ新しいモスクは、これから古さを身に付けもっと美しくなるのかな。
(2012年5月 モロッコ カサブランカ)



車の通れない裏道が延びる。今は車がいる世界が当たり前だけど、少し前まではいない世界が当たり前。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



雨上がり、世界はヒンヤリとした新しい空気に変わる。おいしい空気で深呼吸。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



人と人、家と家の距離が近いから、簡単に心が通い合う。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



旅が始まる駅でもあり、旅が終わる駅でもある。ワクワクとさびしさ、この景色は両方知っている。
(2012年5月 モロッコ カサブランカ)



生まれてからずっと砂漠と共に過ごす。そりゃ砂漠が似合うはずだ。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)



小さな谷に小さな小川。きっと夜は空が大きな川になる。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



迷路へと迷い込む。迷ったおかげで、飾らないありのままの世界に出会う。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



今夜のテント。素朴な場所だから普段体験できない時間を楽しめる。例えば、寝っころがって満天の星空を眺めてみたり。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)



やわらかい光に包まれた古い街。反対側には明るい光を放つ近代的な街。欲張りだけど、どっちも好きなんだよな。
(2012年5月 モロッコ カサブランカ)



昼下がりの市場は静けさに包まれる。お腹も満たされ、つかの間のストライキ。
(2012年5月 モロッコ メクネス)



昔は良かったかもしれない。でも、今の姿もいいんだよな。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



優しい色はどこまでも広がり、カーテンの隙間から心にまでしみこんでくる。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



学校を美しく装飾する文化。次の代へと伝え、そして新たな美しさが造られる。いつまでも止まらない美の連鎖。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



いつもの通学路。毎日こんな日常を過ごせたら、少し違った人生になるのかも。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



3歩進んで2歩下がる。調子に乗ると3歩進んで3歩下がる。砂の山を登るのって想像以上に難しい。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)



観光客なんて来ない地元の市場は、どこの国でも同じにぎやかさ。今晩の夕食は何にするのかな。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



バラのいい匂い、色とりどりの花、人々からあふれる笑顔。一瞬で通り過ぎる町は旅人に優しい町。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



この場所に訪れた奇跡。この時間に訪れた奇跡。小さな奇跡が集まって、圧倒的な景色が目の前に現れる。
(2012年5月 モロッコ カサブランカ)



新しい小枝にどんどん詳しくなって、生きるための根はどんどん失っていく。革製品は臭いがきつい過酷な労働から始まっている。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



朝日と一緒にノビをする。なんだか大自然の元気が手のひらに集まってくる。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)



新鮮な食材のために、にわとりはその場でさばく。その光景に驚くって事は、見ない生活に慣れすぎたのかな。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



古いのに近未来的にも見える家。今見ても色あせないかっこよさが、きっと人々を惹きつける。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



夕暮れの心安らぐ素敵な時間。世界共通の時間で良かった。
(2012年5月 モロッコ カサブランカ)



大量のミントと大量の砂糖。お酒がないモロッコで、ウイスキーと呼ばれるミントティーになる。確かにだんだん中毒っぽくなってくる。
(2012年5月 モロッコ メクネス)



古代の裏道から、車が走る現代の道へとやって来る。結局、どっちもにぎやかさは変わらない。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



どんなに形が変わったとしても直線は生まれない。だからいつまでも影を追う。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)



太平洋に昇る朝日は見てきたけど、やっと大西洋に沈む夕日に出会う。意味なんてないけど、なんだかいい夕日。
(2012年5月 モロッコ カサブランカ)



いつも物があふれすぎている。だから時々、シンプルな世界にあこがれる。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



モスクや水飲み場を最高の装飾で飾る。だから、何度でも美しさを楽しめる。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



笑顔になってしまう民族衣装。日本人だからわかるゲゲゲのおもしろさ。
(2012年5月 モロッコ マラケシュ)



昼の喧騒を閉じ込めた街に足音が響く。今日の思い出と一緒に闇に消えていく。
(2012年5月 モロッコ フェズ)



ここで生活していたらこの景色に飽きるのかな。それを確かめたいから、ここに住んでみたい。
(2012年5月 モロッコ ワルザザート)



時々感じる地球の大きさ。普段はなんて小さな世界で生きているんだろう。地球に改めて感謝。
(2012年5月 モロッコ メルズーガ)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア