TRAVEL ネパール


盆地に広がる小さな首都。レンガ造りの街は夕暮れになると美しい色に染まる。
(2005年5月 ネパール カトマンドゥ)



毎日毎日コンクリートの中で過ごす人生。毎日毎日大自然の中で過ごす人生。1日の笑顔の量が違うのもわかるかも。
(2002年5月 ネパール ポカラ)



文化も違う遠い異国なのに、なんだかなつかしさが押し寄せる。遺伝子からの記憶かな。
(2005年5月 ネパール カトマンドゥ)



ごちゃごちゃしつつも衣食住が足りている。でも、これ以上発展すると味気ない。この街は今が絶妙のおもしろさ。
(2005年5月 ネパール カトマンドゥ)



都会と違って人が多くない。だから、偶然すれ違う人とも他人ではいられない。
(2002年5月 ネパール ポカラ)



ヒンドゥー教って神様がたくさんいる宗教。だから、そこら中で神様のかくれんぼ。
(2005年5月 ネパール ドゥリケル)



ヤギに付けられた鈴の音と鳥の声。心地良いBGMを聞きながら、8000mのヒマラヤの大展望に吸い込まれる。
(2002年5月 ネパール ダンプス)



仏塔を彩るたくさんの旗は、空の美しさと風の優しさとたくさんの平和への願いを教えてくれる。
(2005年5月 ネパール カトマンドゥ)



初めて体験するジャングルは、テレビでは伝わらない蒸し暑さ。とにかく、シャワーが恋しすぎる。
(2002年5月 ネパール チトワン国立公園)



国境線のない国境。国をまたいで近所付き合いができる素適な場所。
(2005年5月 ネパール スノウリ)



少しだけ高くなった寺院からにぎやかな下界を見下ろす。地元の人達も地元のハト達も、最高の暇つぶしを知っている。
(2005年5月 ネパール カトマンドゥ)



レンタバイクをして街を走る。どこにでも行ける自由を手にした瞬間、さっきよりもこの街が好きになっている。
(2002年5月 ネパール ポカラ)



どこの家も昔から変わらない生活。正解なんてわからないけど、この生活を捨てて便利さを取ったのは正しかったのかな。
(2005年5月 ネパール ドゥリケル)



山頂に貼りつくヒマラヤ展望台の村。雨季なのに出会えた貴重な景色。偶然があるから人生はおもしろい。
(2002年5月 ネパール ナガルコット)



勝手だけど、このまま変わらないでほしいこともある。
(2002年5月 ネパール ダンプス)



にこっと笑ってナマステと挨拶をする。言葉なんてわからなくても心は繋がった。一瞬だとしても、なんだか気持ちいい。
(2005年5月 ネパール ドゥリケル)



お経を読む低い声と楽器の音が風にのってやってくる。心地良すぎる音色をたどって行くと、心地良すぎる場所が待っていた。
(2002年5月 ネパール カトマンドゥ)



まっすぐ行くとヒマラヤを越えてチベットへ。右へ曲がると山脈を下ってインドへ。混雑とは無縁の一大ジャンクション。
(2005年5月 ネパール ドゥリケル)



トレッキングをしていると若夫婦に家に招待される。トタンの小さな家だけど温もりあふれる素敵な所。だから旅はおもしろい。
(2001年4月 ネパール ポカラ)



終わりにほっとして、新たな始まりにワクワクする。
(2005年5月 ネパール スノウリ)



パナウティに到着。初めて来たのに初めての感じがしない。前世はここに住んでいたのかも。
(2005年5月 ネパール ドゥリケル)



がけ崩れが発生して大渋滞。まわり道なんてない山の国だから、自分なりの暇つぶしを見つけて数時間をのんびり待機。
(2001年4月 ネパール ポカラ)



アシタカがヤックルに乗ってやって来る。まさかタタリ神はいないよな。
(2002年5月 ネパール ダンプス)



街を静かに見下ろす寺院は別名モンキーテンプル。猿がたくさん居て、街を見守っている。
(2005年5月 ネパール カトマンドゥ)



下から見ると曇り空。上から見ると絶景の雲海。同じ雲でも角度によって全く違うモノ。
(2002年5月 ネパール ナガルコット)



不思議な滝を見たり、チベット難民キャンプに行ったり、灯りの一切ない洞窟に行ったり、誰も知らないけど自分だけの大冒険。
(2001年4月 ネパール ポカラ)



運動会で見慣れているはずだけど、ひと味違った世界に惹かれてしまう。
(2005年5月 ネパール ドゥリケル)



たくさんの神様に見守られながら、バスは次の町へと走る。猛スピードの恐怖のドライブだけど安心かな。
(2005年5月 ネパール スノウリ)



お互い遠い国だけど、色がぜんぜん違うけど、大切にしているものは同じもの。
(2005年5月 ネパール カトマンドゥ)



世界中のバックパッカーが集まる安宿街タメル地区。日本代表として街をのんびり散歩。
(2005年5月 ネパール カトマンドゥ)



そうそう今日はブッタの誕生日。旅していると、こんなきっかけからいろんな事に興味が湧いてくる。
(2002年5月 ネパール ナガルコット)



民宿の娘さんは早く都会にでたいそう。お互いないものねだりだとしても、いつかきっとここの居心地の良さがわかるかな。
(2002年5月 ネパール ダンプス)



世界中の道を自由に歩ける限られた人。日本人に生まれた幸運を、使わないで死ぬのはもったいない。
(2005年5月 ネパール ドゥリケル)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア