TRAVEL パキスタン


いくつもの山を抜けてやっとたどり着いた奥地。フンザと呼ばれる地域は、まさに桃源郷シャングリラのモデルとなった場所。
(2005年5月 パキスタン カリマバード)



巨大な地球上のこの場所に創られたこの景色。訪れる事ができた奇跡を心の底から感謝する。
(2005年5月 パキスタン ウルタルメドウ)



パキスタン最奥の地は素朴な村と山と氷河、それ以外には何もない。でも、それだけで充分素敵すぎる場所。
(2005年5月 パキスタン パスー)



世界中に広がるジブリの世界。ここはナウシカの居た"風の谷"。らしいけど、そんなの関係無しに平和で美しい。
(2005年5月 パキスタン カリマバード)



地元の人にとったらなんとも無いんだろうけど、こっちは命がけ。
(2005年5月 パキスタン パスー)



夕日を浴びてゆっくりと闇に消えていく。今日のために特別に見せてくれたのではなく、当たり前のように毎日繰り返す。
(2005年5月 パキスタン カリマバード)



危険をなくす事を大切にする社会。日本では正しくても、ここでは柵は似合わない。あるがままの断崖絶壁に圧倒的な力を知る。
(2005年5月 パキスタン ウルタルメドウ)



何気もなしにくれる優しさ。お金の量では計れない、豊かな生活がたくさんあふれている。
(2005年5月 パキスタン カリマバード)



外見だって中身だって共通点を見つけるのは難しい。だけどアウェーな感じが全くしないのは、みんなすごい親切だからかな。
(2005年5月 パキスタン ラーワルピンディー)



標高8000m近い山の頂きから目の前の2500mまで。パスー氷河はダイナミックな姿を見せつける。
(2005年5月 パキスタン ユンズバレー)



パスーの村は、100家族800人ほどの人口。だから全員の顔がわかるそう。東京じゃ隣人の顔も知らなかったりするけど。
(2005年5月 パキスタン パスー)



パキスタン第2の街は、車と人があふれるにぎやかな大都市。知らなかった誤解だらけの世界がひとつ近くなる。
(2005年5月 パキスタン ラホール)



遠い遠い異国の地にやってきたけど、毎日たくさんの人を乗せて絶景を走る。意外と東京より楽しかったり。
(2005年5月 パキスタン ギルギット)



いよいよ山に突入。とても落石の多い道。不意にバスの天井に大きな衝撃音が走る。穴が開かなくて良かったけどおそろし。
(2005年5月 パキスタン カラコルム・ハイウェイ)



雄大で迫力のある自然と、素朴で優しさがあふれる人々の暮らし。ここの魅力は、1足す1の答えが2をはるかに越えている。
(2005年5月 パキスタン カリマバード)



偶然知り合ったお兄さんが家に招待してくれた。そして家族みんなでご飯をご馳走してくれる。どこか心の壁を作っていたけど、旅人に対する心からの歓迎だった事をあとになって知る。
(2005年5月 パキスタン チラス)



日本だと少し不快に感じる乳牛の臭い。ここだととても心地よい匂いになってしまう。なんだか不思議。
(2005年5月 パキスタン ウルタルメドウ)



祈る方法は違っても、願いは変わらない。壊さないようにちょっとだけ参加する。
(2005年5月 パキスタン ユンズバレー)



パキスタンと中国を結ぶ山岳道路。最初は緑あふれる平地を走る。ここのすぐそばにビンラディンが潜伏していた。
(2005年5月 パキスタン カラコルム・ハイウェイ)



町のすぐ裏には7400mのウルタル峰。町との標高差5000mで、すぐに首が痛くなってしまう景色。
(2005年5月 パキスタン カリマバード)



"スズキ"と呼ばれている乗り合いタクシー。日本ブランドは想像以上に世界へ浸透している。ちょっと嬉しい。
(2005年5月 パキスタン ラホール)



パキスタンと中国を結ぶカラコルムハイウェイ。あと数十キロ進むと、中国との世界一標高の高い国境が待っている。
(2005年5月 パキスタン パスー)



時刻表のないバスをのんびりと待つ。でも、いつもより待つのが苦痛じゃない。絶景のバス停だからかな。
(2005年5月 パキスタン ギルギット)



目の前を羊の群れが通り過ぎる。そして振り返ると驚きの景色がまっていた。
(2005年5月 パキスタン ユンズバレー)



おじさんに言われた一言。これから向かうフンザは素晴らしいから、この町のことなんてすぐに忘れちゃうよ。って、全くそんなことなくて、一生心に残る温もりあふれる町だった。
(2005年5月 パキスタン チラス)



ダイナミックに、そして繊細に表情を変えていく。自然が創り出す作品にただただ見とれてしまう。
(2005年5月 パキスタン パスー)



日陰で冷たくなった大理石。うだる暑さのなか、昼寝をするには最高の場所になる。
(2005年5月 パキスタン ラホール)



川が合流する場所に三大山脈ジャンクションと呼ばれる場所がある。とにかく、3つの大山脈がぶつかるすごい場所。
(2005年5月 パキスタン カラコルム・ハイウェイ)



谷を見下ろす場所に700年もの間たたずむお城。きっと争いではなく、人々の笑顔を見守ってきた。
(2005年5月 パキスタン カリマバード)



村が点々と続く渓谷沿いの1本道。治安が悪い場所があるそうで警察車両がバスを先導してくれる。ライフルを持った警官も護衛でバスに乗り込み、なんか景色と違って騒々しい。
(2005年5月 パキスタン カラコルム・ハイウェイ)



断崖絶壁の恐怖の道。前にいるのが護衛。音声はなし。
(2005年5月 パキスタン カラコルム・ハイウェイ)



パキスタンで一番長いバチュラー氷河。ここはもうすぐ氷から水に変わる場所。長い長いとんでもなく長い旅、お疲れさま。
(2005年5月 パキスタン ウルタルメドウ)



大人も子供もカメラ写りたがり。
(2005年5月 パキスタン チラス)



道路から氷河が見える。道路からコンクリートジャングルを見るのに慣れているから、ちょっと刺激的。
(2005年5月 パキスタン パスー)



フンザ地域の交通の拠点。アリアバードという小さな町。素朴な食堂で冷えた体と心を温める。
(2005年5月 パキスタン カラコルム・ハイウェイ)



日陰に人が集まる。そして屋台が集まってくる。そして憩いの場ができる。日陰から始まる良い循環。
(2005年5月 パキスタン ラーワルピンディー)



渓谷にメキメキという音がこだまする。動きを見せない氷河だけど、確かに新たな時を刻んでいる。
(2005年5月 パキスタン ウルタルメドウ)



治安が不安定で夜間外出禁止令がでる。通りは明るい内にシャッターが閉まり人通りが少ない。さらに停電と強風で街はゾンビ映画の世界。
(2005年5月 パキスタン ギルギット)



道がふさがれていて、まわり道。土砂崩れではなくて氷河が道にまで押し寄せる。
(2005年5月 パキスタン カラコルム・ハイウェイ)



トラックを派手にする文化。そうそう日本にもあったっけ。
(2005年5月 パキスタン ラーワルピンディー)



テレビの旅番組じゃない、目の前に広がる本物の景色と空気。初めて見る絶景にただただ圧倒される。
(2005年5月 パキスタン チラス)



道路は車が走る場所。この常識はここまで奥地にやってくると、もうあんまり残っていない。
(2005年5月 パキスタン パスー)



世界遺産に登録された現役のモスク。美しい形に魅了され、知らなかった歴史もひとつ近くなる。
(2005年5月 パキスタン ラホール)



誰もいない時間の止まったユンズバレー。風の音しか聞こえない谷にミントの草のいい匂い。最後の楽園だったり。
(2005年5月 パキスタン ユンズバレー)



マイペースなヤギ達が、みんなを笑顔でつないでくれる。
(2005年5月 パキスタン カリマバード)



もし雲がなければ、垂直に7388mのウルタル峰がそびえていた。こうやって、もう1度訪れたい場所が増えていく。
(2005年5月 パキスタン ウルタルメドウ)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア