TRAVEL ペルー


500年の眠むりから覚めた都市。テレビや写真じゃ伝わらない、360度の大パノラマが現れる。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



地面に横たわるただの絵は、目の前に現れると広大な大地の中を飛んでいる。
(2010年11月 ペルー ナスカ)



便利とは無縁の場所だけど、ここには陽気な笑顔があふれている。不思議だけどいつまでも心に残る。
(2010年11月 ペルー プーノ)



標高3400mの街へ夜行バスで一気に登る。おかげで心の楽しさと体の重さが反比例する。
(2010年11月 ペルー クスコ)



名もない絶景がそこら中に転がる。もったいないからこっそり拾う。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



スペインの文化が混じる首都。でもスペインを知らないから、この街すべてが南米らしくなる。
(2010年11月 ペルー リマ)



きっと神様の暇つぶし。ピンセット片手に並べたのかな。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



草の島へ上陸する。地元民にとっては小さな一歩だけど、旅人にとっては大きな一歩。
(2010年11月 ペルー プーノ)



唯一、地上から地上絵が見える場所。鉄塔に登ると、まず自分自身の地上絵に出会う。
(2010年11月 ペルー ナスカ)



いつしか金色の草原を走っている。もしや下にはオームがたくさん集まっているのかも。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



ある時は削りすぎで冷や汗を流す。ある時はうまく重なり泣いて喜ぶ。何度も経験しただろうな。
(2010年11月 ペルー クスコ)



知っている言葉がやっと本来の場所を知る。富士山より高い場所にある真っ青な湖、チチカカ。
(2010年11月 ペルー プーノ)



隙間のない精巧さのおかげで、いつまでたっても古さが生まれない。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



上にも下にも広がる空を眺めながら、ウトウト夢と現実を行ったり来たり。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



こんな巨大な絵を見せられたら、そりゃ、人間以外の存在を信じてしまう。
(2010年11月 ペルー ナスカ)



街の中心に大きな広場を造る理由。ベンチに座って一息ついたら謎が解けた。
(2010年11月 ペルー クスコ)



都会の夜景もいいけど、小さな町の夜景も素敵だな。
(2010年11月 ペルー プーノ)



クリスマス前はどこの国だって同じ、街中がサンタだらけ。
(2010年11月 ペルー リマ)



一瞬で通り過ぎる町には、知らない人々のたくさんの人生が詰まっている。一瞬で通り過ぎるバスにも、1人の旅人の人生が詰まっているけど。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



過去と現在をつなぐ入り口から、あこがれの廃墟へと迷い込む。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



小石でダムを作る。雪で家を作る。草を浮かべて島を作る。きっかけは子供のいたずらだったり。
(2010年11月 ペルー プーノ)



セスナに初めて乗るドキドキと、地上絵に会えるドキドキ。怖いんだけど上から見てみたい。
(2010年11月 ペルー ナスカ)



第一村人を発見。笑顔でよかった。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



ここに大帝国を築いた理由。この山と景色があったおかげかな。
(2010年11月 ペルー クスコ)



きっと昔は静寂が似合わない場所。でも、今はやけに似合っている。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



この場所も駅前商店街も同じ地球の上。でも、確かに今は地球の上に立っている。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



地上絵にかすんでしまうけど、絶景に囲まれた素朴な町もいい味だしている。
(2010年11月 ペルー ナスカ)



葦で作られた見張り台に登ると、さらなる葦の世界。あっちもこっちもフワフワ。
(2010年11月 ペルー プーノ)



反対岸から長い時間飛行機に乗ってやってきた。太平洋って地図で見るよりはるかに広い。
(2010年11月 ペルー リマ)



忘れそうだけど、そうそう、ここは断崖絶壁の山の上。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



まわりのみんなが笑顔でつながれる。アルパカは不思議な魅力を持っている。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



古い重厚な教会で、若い女子学生に写真を一緒に撮ってと囲まれる。なんだか素敵な教会に見えてきた。
(2010年11月 ペルー クスコ)



この場所に似合う走り方。のんびりとゆっくりと急がず走る。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



パイロットはこれでもかと言うほど飛行機を傾ける。恐怖の絶叫マシーンから小さな猿が飛び込んでくる。
(2010年11月 ペルー ナスカ)



島に漂ういい匂い。世界共通の楽しい夕食タイムがやってくる。
(2010年11月 ペルー プーノ)



外からは見えない秘密の楽園で、まわりの絶景を見ながら昼寝でもしたのかな。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



いつもは止まって見える雲。ここでは影を引き連れダイナミックに迫ってくる。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



今は機械に仕事を奪われる時代。スピードが遅くても、昔は人の技が必要とされた良い時代。
(2010年11月 ペルー クスコ)



地上絵とまわりの景色、どっちも見とれてしまう。あっちを見たりこっちを見たり。
(2010年11月 ペルー ナスカ)



太陽の光が届き、目の前の世界は色を取り戻す。もう龍の巣は抜けたかな。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



不便だけど自然と共に暮らす。便利だけど狭いコンクリートで暮らす。心豊かに暮らせればどこでも幸せはやってくる。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



素朴でぬくもりあふれる家族は、唯一の日本人のために"さくら"を歌ってくれる。観光用の島だとしても遠い異国で心が熱くなる。
(2010年11月 ペルー プーノ)



スタンドバイミーの気分は味わえないけど、日本では出来ないドキドキ気分が味わえる。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



あまり治安がよくない街の夜。優しい光は心にまで温もりを届けてくれる。穏やかな気持ちになるのは危ないかな?
(2010年11月 ペルー クスコ)



金の絨毯に寝転がって、1日中雲を眺める。次来た時の楽しみ方を考える。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



断崖から海をのぞくとまだ街が残っている。人間の生活は限界まで広がっていく。
(2010年11月 ペルー リマ)



すべての道はローマに通ず、わけではないか。この道はあの世に通ず。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



隣の家まで調味料でも借りに行くのかな。
(2010年11月 ペルー プーノ)



自分の作品を一度も見ることが出来なかった名もなき古代人。でも、しっかり後世の人を感動させている。
(2010年11月 ペルー ナスカ)



通過しただけの街は、あとで世界で4番目に標高が高い街だと知る。偉大な街のかすかな記憶を探す。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



乾燥して色が少ない大地。色鮮やかになる理由かな。
(2010年11月 ペルー クスコ)



たまに振り向いて、さっきまで居た場所の怖さに気づく。そして、もうすぐここも怖い場所。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



よく見るとただ石をどかしているだけ。もしかしたら、子供のいたずらだったり。
(2010年11月 ペルー ナスカ)



心の奥底まで焼きつく景色は、いつでも心に現像できる。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



か弱い水草は船にもなり、家にもなり、食べ物にもなり、無限の可能性を秘めている。
(2010年11月 ペルー プーノ)



看板が唯一この場所を教えてくれる。富士山より高くて空気が薄い場所。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



街路樹がサボテン。水の国からやって来たから、ただの日常にびっくりする。
(2010年11月 ペルー リマ)



今より不便な時代。国のあちこちに延びる道は、たくさんの人に安心を届けたはず。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



遊ぶ場所は大草原。かくれんぼと影ふみはできないな。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



山に囲まれた街。だから、上から見た時の美しさも意識する。
(2010年11月 ペルー クスコ)



家の壁を使って映画を上映する。映画を見ながら映画のような世界に入り込んでいる。
(2010年11月 ペルー プーノ)



南北アメリカを縦断する道は、一直線に延びる現代の地上絵。
(2010年11月 ペルー ナスカ)



あっという間に流れ去る景色。でも、この1つ1つの瞬間に出会えた奇跡を感謝する。
(2010年11月 ペルー ララヤ)



敵の進入を防ぐ方法。お堀で囲まなくても、山の上に造らなくても、丸太数本でできあがる。
(2010年11月 ペルー マチュピチュ)



ペルー定番のインカ・コーラ。名前と色が強烈だけど、乾燥した大地で好きになる味。
(2010年11月 ペルー リマ)



壮大で美しいサンセットが終わりさびしさに包まれる。でもすぐに存在感のある満月が心を満たす。
(2010年11月 ペルー ナスカ)



電気がない場所では、太陽は大きな幸せを届けてくれる。光を手にした人類は大切な幸せを1つ失ったのかも。
(2010年11月 ペルー プーノ)



テレビやネットで知ったつもりになってしまうけど、体験から生まれる感動はここでしか知れないな。
(2010年11月 ペルー ララヤ)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア