TRAVEL スリランカ


ジャングルの中で強烈な存在感を放つ岩。誰だってこの姿に特別な意味を持たせたくなる。
(2014年9月 スリランカ シーギリヤ)



ブッダの歯が納められた仏教寺院。もしDNAが残っているとしたら、世界が平和になるヒントが隠されているかも。
(2014年9月 スリランカ キャンディ)



頂上には空想の世界が待っている。きっとどこかに飛行石が埋まっている。
(2014年9月 スリランカ シーギリヤ)



柵もない目の前に大群、目が合うとドキッとして恐怖すら感じてしまう。本来の姿を少し忘れてた。
(2014年9月 スリランカ キャンディ)



2人の姿を形に残したい。今はボタン1つで簡単に残せる時代になったけど。
(2014年9月 スリランカ アヌラーダプラ)



空に近づいたのに空が遠くなる。下を眺める楽しみが増えたせい。
(2014年9月 スリランカ シーギリヤ)



寺院にある洞窟は小さな入口の巨大な秘密基地。ちょっとワクワク、ちょっとドキドキ。
(2014年9月 スリランカ ダンブッラ)



どんどん建てものは高くなり小さな存在になっていく。でも、息苦しくなった時はいつでも大きな存在に戻ってくれる。
(2014年9月 スリランカ コロンボ)



少し照れながらニコッと笑う。まだ恥ずかしさが残るけど、もう少し経つと誇らしさに変わるかな。
(2014年9月 スリランカ アヌラーダプラ)



クレーンが集まって空を吊る。少し上がったかも。
(2014年9月 スリランカ コロンボ)



世の中は変わり便利な時代になったけど、きっと王様だけは遠い昔から便利な暮らしを知っている。
(2014年9月 スリランカ シーギリヤ)



電気がない時代。きっと今よりもっと心の内と現実の境界があいまいな時代。
(2014年9月 スリランカ ダンブッラ)



国を代表する高層ビルを前に、高さへの感動を失っていることに気づく。スカイツリーのせいかドバイのせいか。
(2014年9月 スリランカ コロンボ)



開いた扉から歯がお目見えする。と思ったら、歯の入った仏舎利が見れるだけ。それでもきっとありがたい。
(2014年9月 スリランカ キャンディ)



ライトアップは人が集まる場所。そんな固定概念のおかげで少しさびしい世界。
(2014年9月 スリランカ コロンボ)



どんな色でも受け入れてくれる白。でも、純粋な白さを保つのもまた難しい。日々の修行と努力かな。
(2014年9月 スリランカ アヌラーダプラ)



猿が集まる場所で座禅する。まずは人々の平和より、猿の群れの平和が先決かな。
(2014年9月 スリランカ ダンブッラ)



簡単なようで複雑で、複雑なようで簡単で。もしかして材料はレゴだったり。
(2014年9月 スリランカ コロンボ)



自然もすごいけど、人間もすごいよな。
(2014年9月 スリランカ シーギリヤ)



いくつも洞窟の部屋があり、いくつもの仏像が並んでいる。飽きずにじっくり観光する。これもまた修行かな。
(2014年9月 スリランカ ダンブッラ)



なんの変哲もない湖だけど。旅は固まりきった意識を簡単に変える魔法を持っている。
(2014年9月 スリランカ キャンディ)



こっちの人が見たら日本の仏像はきっと地味すぎる。
(2014年9月 スリランカ アヌラーダプラ)



いつもよりダイナミックに動く雲。窓の枠の中やデコボコのビルの合い間だと雲もきゅう屈ってことか。
(2014年9月 スリランカ ダンブッラ)



岩の下から徒歩40分、見晴らし最高でセキュリティー万全の王宮。でも不便すぎて住みたくないな。
(2014年9月 スリランカ シーギリヤ)



グローバルと声をあげ世界が近づけば近づくほど、必要なものって似てくるな。
(2014年9月 スリランカ キャンディ)



寺院の入り口で雑魚寝のくつろいだブッタが迎えてくれる。そう見えたとたん、ただの寺院に親しみがわいてきた。
(2014年9月 スリランカ コロンボ)



情報量が多すぎる現代。きっと身近にある美しさも簡単に見逃している。
(2014年9月 スリランカ アヌラーダプラ)



魚が1匹、魚が2匹、魚が3匹。。。修行中は絶対数えない方がいいな。
(2014年9月 スリランカ ダンブッラ)



雲は風の意思で流れ、風は太陽の意思で流れ、太陽は宇宙の意思で流れ。人間もきっと何かの意思で動いている。
(2014年9月 スリランカ シーギリヤ)



押せ押せどけどけ、仏舎利をひと目見たい。人間の欲望が渦まくとき。
(2014年9月 スリランカ キャンディ)



残った姿で答えを探す。怖いライオンかもしれないし、かわいいモグラかもしれないし。
(2014年9月 スリランカ シーギリヤ)



お風呂に入りながら目の前の猿を眺める。お互い興味津々。
(2014年9月 スリランカ ダンブッラ)



輪廻をあらわす石刻の前で、また来世に訪れた時の為に強く記憶する。ただ前世でもう来ているかもしれないけど。
(2014年9月 スリランカ アヌラーダプラ)



大きなバス停で大きな荷物をかかえて右往左往。仲間を見つけたとたん、なんだか急に楽しくなってくる。
(2014年9月 スリランカ コロンボ)



手のひらに乗っかるかわいいペットたち。だったら大人気だよな。
(2014年9月 スリランカ キャンディ)



ただの移動だけど旅の一大ショー。車内に響く大音量の音楽を聴きながら、飽きない景色を眺めながら。
(2014年9月 スリランカ アヌラーダプラ)



最近でかいのが流行っているけど、同じ目線だと祈りがずっと届く気がする。
(2014年9月 スリランカ ダンブッラ)



蒸し暑い国で何百年もカラフルな絵が残る。漆喰という言葉が新たな技を身につける。
(2014年9月 スリランカ シーギリヤ)



痛みに耐えながら少しずつ近づく。裸足になると聖地への道のりは思ったよりありがたい。
(2014年9月 スリランカ アヌラーダプラ)



何度も口にしてきたセイロンティーの本場。これからはもっと味わって飲もうと心に誓う。
(2014年9月 スリランカ キャンディ)



南国の暑い日ざしが照りつける山の頂上。人も猿も世界遺産の寺院も、岩陰で暑さをしのぐ。
(2014年9月 スリランカ ダンブッラ)



地球の生物は海から誕生した。その時のDNAがずっと海にあこがれをいだかせるのかな。
(2014年9月 スリランカ コロンボ)



たった3色で創られた美しさ。ナイス選色、青空に感謝。
(2014年9月 スリランカ アヌラーダプラ)



人類が造り上げた世界中に延びる道。なかには通りたくない道だってあるよな。
(2014年9月 スリランカ シーギリヤ)



地元の文化を紹介する劇で、刺激的なファイヤーショー。ここが地元じゃなくて良かった。
(2014年9月 スリランカ キャンディ)



どんなに偉大で豪華な形を作ったとしても、1秒だって同じ形のままではいられない。ゆっくり確実に大地へと戻っていく。
(2014年9月 スリランカ シーギリヤ)



遠い異国で故郷を知れる。うれしいようなうれしくないような。
(2014年9月 スリランカ コロンボ)



あてもなく歩いていると湖が現れる。そろそろ引き返すための最高の目的地かな。
(2014年9月 スリランカ アヌラーダプラ)



流れる景色に異国を感じたり日本の里山を感じたり。どんなに遠くを旅しても、生まれ故郷はいつもそばにいる。
(2014年9月 スリランカ ダンブッラ)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア