TRAVEL チベット


色が作る美しさ。形が作る美しさ。シンプルな世界だからこそ、美しさが次々と連鎖する。
(2007年11月 チベット ラサ)



ナムツォにたどり着く。チベット語で"天の湖"。名前の由来に全くもって異論なし。
(2007年11月 チベット ナムツォ)



この広大な大地に居るもの。羊の群れのみ。
(2007年11月 チベット チベット鉄道)



純粋に、そして熱心に祈る人々。ここまで人を突き動かす原動力はなんなのか。 その意味を知った時、心の奥から熱くなる。
(2007年11月 チベット ラサ)



街の端から端を見渡せる。その大きさがたまらなく心地良い。
(2007年11月 チベット シガツェ)



どんどん秘境の奥地が秘境ではなくなっていく。どこまでが正解で、どこからが不正解なんて誰にもわからない。
(2007年11月 チベット ナムツォ)



日本は醤油くさい。インドはスパイスくさい。チベットはヤクのバターくさい。 それぞれの国が持つ文化の匂い。
(2007年11月 チベット ラサ)



大きな幸せはあまりないかもしれないけど、小さな幸せがあふれている。 だから、いつも幸せな気分に包まれる。
(2007年11月 チベット タクツェ)



完全に泥にはまって進めなくなる。バスを押して200メートルくらいダッシュ。うっかりしてた〜!ここは4500mの高地。一気に頭が割れるように激しく痛みだす。標高が下がって落ち着いたけど、地元の人と同じ行動をするのは危険。
(2007年11月 チベット 川蔵公路)



成都からラサへの約50時間、2泊3日の列車の旅。
(2007年11月 チベット チベット鉄道)



裏道は人との距離が近くなる。だから、いつもより笑顔になれる。
(2007年11月 チベット シガツェ)



毎日同じ繰り返しだとしても、いつも新しい始まりを届けてくれる。
(2007年11月 チベット タクツェ)



駅前は気持ちいいくらい何にも無い。そんな秘境駅があってもいいと思う。
(2007年11月 チベット チベット鉄道)



今は居ないダライ・ラマ。いつか戻ってくる日を願い、五体投地に祈りをのせる。
(2007年11月 チベット ラサ)



昼頃、外人をチェックする最初の公安(警察)の検問。前の乗客のまねをしてしゃべらずバスチケットを見せてクリア。
(2007年11月 チベット 川蔵公路)



現実の世界と豪華なあの世をつなぐ場所。
(2007年11月 チベット ギャンツェ)



人や車は点になって消えてしまうけど、自然はいつまでも優しく包み込んでくれる。
(2007年11月 チベット ナムツォ)



確かに地球の上を走っている。いつもはどこを走っていたんだろう。
(2007年11月 チベット チベット鉄道)



布がパタパタと途切れることなく響き渡る。知らない間に、風は心まで清らかにしてくれる。
(2007年11月 チベット ラサ)



観光客なんて来ない奥地だけど、こんな素晴らしい世界がある事を伝えたい。
(2007年11月 チベット 川蔵公路)



ダライ・ラマに次ぐ位のパンチェン・ラマのお寺。 苦悩の中心地になったとしても、平和な雰囲気だけは失わない。
(2007年11月 チベット シガツェ)



もし心に迷いができたら、この景色を思い出そう。天に舞う旗のように、すべてを忘れ心透き通る。
(2007年11月 チベット ナムツォ)



天国は地獄があるからこそ存在する。
(2007年11月 チベット ギャンツェ)



間違いない、ここは天国に1番近い場所。
(2007年11月 チベット タクツェ)



素朴な世界にあふれる色。にぎやかな街にあふれる色より断然美しい。
(2007年11月 チベット ラサ)



名前も知らない平和で静かな湖は、駅の名前になり路線図に書かれたくさんの人が知る湖へ変わる。きっともうすぐ観光地。
(2007年11月 チベット チベット鉄道)



あっちの人はこっちに憧れる。こっちの人はあっちに憧れる。無いもの欲しさだとわかっていても、この絶景がうらやましい。
(2007年11月 チベット ギャンツェ)



世界遺産のジョカン寺。チベット仏教の最大の聖地で、聖地ラサの中でも1番の聖地。 たくさんの人々が五体投地をする。
(2007年11月 チベット ラサ)



地球のど真ん中、ヒマラヤ山脈のど真ん中を走っていると、ちょっとくらい変わった景色ではもう驚かない。
(2007年11月 チベット 川蔵公路)



旗が風になびく音。夜明けが近づくにつれ、重さが増して現実味をおびてくる。
(2007年11月 チベット タクツェ)



目の前の景色より食べるのに夢中。たまには景色を堪能しているかな。
(2007年11月 チベット チベット鉄道)



強烈な日差し、激しい乾燥、富士山を越える高度。過酷な環境だからこそ見えてくる事もある。 幸せに生きる1つの答え。
(2007年11月 チベット ラサ)



だいぶ山が低くなってきても、まだまだ富士山より高い場所。
(2007年11月 チベット 川蔵公路)



ちょっとしたひらめきが、たくさんの人々を魅了する。きっかけなんてそんなもの。
(2007年11月 チベット ギャンツェ)



国が違うと必要なものも違う。だから市場はおもしろい。
(2007年11月 チベット シガツェ)



汚れる理由がひとつもないから透き通る。水も心も同じかな。
(2007年11月 チベット ナムツォ)



この瞬間の絶景を、上書きされないように記憶する。
(2007年11月 チベット チベット鉄道)



名もない絶景を数え切れないほど走り抜ける。
(2007年11月 チベット 川蔵公路)



標高5190mの峠では、20、30歩、歩いただけで全力で走るくらいの息切れになる。富士山がはるか下の方。
(2007年11月 チベット ナムツォ)



雄大過ぎて全貌をつかめない景色も衛星写真を見ながら手軽に確認。 地元の人より詳しくなれる便利すぎる世の中。
(2007年11月 チベット シガツェ)



朝日は幸せと感動を連れてやってきた。
(2007年11月 チベット タクツェ)



時間を見つけては一緒に巡礼。昨日会った人と再会したり土産屋のおっさんと再会したり。 同じ道がどんどん楽しい道になる。
(2007年11月 チベット ラサ)



二日目の早朝。検問があったのに気付くも完全に油断。日本語で話していたら、知らない間に公安が近くに来ていて見事に検挙!公安の建物で1時間押し問答した末、賄賂。ではなく罰金500元(約7500円)を払う。値切りにも応じてくれずくやしい。でもちゃんと領収書をくれた。項目が"非法旅行"となっている。
(2007年11月 チベット 川蔵公路)



時計と共に生活をするから見えない未来に追われてしまう。自然と共に生活をするから今を見る事ができる。
(2007年11月 チベット ギャンツェ)



やっと物語は終わろうとしている。ラサまであと少し。がんばれ。
(2007年11月 チベット チベット鉄道)



タルチョは365日休むことなく風になびき、世界中に仏法と幸せを届けてくれる。
(2007年11月 チベット ナムツォ)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア