TRAVEL チュニジア


首都チュニスから20キロで幸せの町にたどり着く。地中海に面した青と白の世界。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



アラブの国だけどヨーロッパっぽさが混じる首都。イメージと違う洗練された街は、戸惑いと心地良さを感じさせてくれる。
(2012年5月 チュニジア チュニス)



青と白だけで充分なのに、色とりどりの花が鮮やかさを加えてくれる。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



静かな町の静かな遺跡。朽ち果てた遺跡とゆっくり対話する。
(2012年5月 チュニジア カルタゴ)



世界遺産に登録された旧市街地。入り口の門をくぐると騒々しいイメージ通りの世界が待っている。
(2012年5月 チュニジア チュニス)



世界中のホテルと簡単につながる時代。初めての日本人客となったホテルの屋上で、いろんな青の違いを発見する。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



モザイク画だけを集めた世界一の博物館。苦労が簡単に見えるから、美しさに簡単に感動できる。
(2012年5月 チュニジア チュニス)



2800年もの昔に王国があった場所。ひっそりと残る遺跡は世界遺産に登録される。
(2012年5月 チュニジア カルタゴ)



イスラミックな幾何学模様のデザインが、町をより魅惑の世界へと変える。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



狭い道に人や店があふれている。だから、おもしろさが向こうからどんどんやってくる。
(2012年5月 チュニジア チュニス)



"地中海"。今まで言葉の響きしか知らなかったけど、実物ってやっぱり言葉以上に魅力的。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



元あった形なんて想像できないけど、今残る形が今の魅力を作る。子供達を夢中にさせる遊びの形。
(2012年5月 チュニジア カルタゴ)



ごちゃごちゃした町からモスクが顔を出す。祈りの時間、つかの間の静けさを取り戻す。
(2012年5月 チュニジア チュニス)



ここは昼だけじゃなくて夜も素敵な色を見せてくれる。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



つながる事のない過去と現在。たった一枚の扉から未来を見つめ合う。
(2012年5月 チュニジア カルタゴ)



どこを取っても絵になる景色。だから、木だって額縁を作って日常を切り取ってくれる。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



機械が作った完璧な美しさ。それよりも、人間が作る完璧さのない温もりが美しく感じるんだよな。手作りのお土産だらけ。
(2012年5月 チュニジア チュニス)



人間の欲はとどまらない。さらなる美しさを探して、どんどん奥へと迷い込む。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



誰もいない、移動手段もない静かな遺跡の出口、これからどうしようかと途方に暮れる。でも、なぜかこんな時間が好きだったり。
(2012年5月 チュニジア カルタゴ)



影が作り出す繊細な模様。計算された演出は、完璧すぎる町になる。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



家を鮮やかにいろどるタイル。空にもかわいらしい虹がかかる。
(2012年5月 チュニジア チュニス)



このガレージから車を出して、この窓から地中海を眺める。ここで暮らせたらどんな幸せな人生になるんだろう。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



誰もいないローマ劇場で、客席の1番上まで登ってみる。舞台ではなく、輝く地中海が目に飛び込んだ。
(2012年5月 チュニジア カルタゴ)



ひとつひとつに詰まった物語。だから、ひとつひとつから美しさがあふれ出す。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



日陰に座り、コーヒー1杯の贅沢な時間。この街になじめているかな。
(2012年5月 チュニジア チュニス)



たまに違う色があると余計に惹かれてしまう。フェイントのうまい町。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



小さなかけらが、形を持ち色を持ち意味を持つ。そしたら物語が動きだす。
(2012年5月 チュニジア チュニス)



昼の路地は太陽の温もりで猫がリラックス。夜の路地は電球の温もりで旅人がリラックス。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



いつもよりじっくりと見る夕日。だから、いつまでも記憶に残る。
(2012年5月 チュニジア カルタゴ)



太陽が反射して白がまぶし過ぎる景色。カメラのおかげでじっくり見れる。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



"アラブの春"が終わり、政治も広場の名前も変わる。ここは革命の成功日"1月14日広場"として新たな時間を刻みだす。
(2012年5月 チュニジア チュニス)



この門の先にはきっと素敵な空間が待っている。でも、答えを知れないから、想像するのもやめておこう。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



遺跡よりも見渡す景色が気持ちいい。ここに建物を作った理由も同じかな。
(2012年5月 チュニジア カルタゴ)



いつの間にか笑顔があふれている町。だから、通りを眺めているだけで、きっと笑顔を共有できる。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)



今はまだ革命の残骸が残るけど、きっと良い方向へと向かうのかな。
(2012年5月 チュニジア チュニス)



普段の生活が少し複雑すぎるのかもしれない。シンプルな世界に心から癒される。
(2012年5月 チュニジア シディブサイド)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア