TRAVEL ウズベキスタン


旧市街地は巨大な博物館になった町。美しい遺跡は美しい日常となって溶け込んでいる。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



ある人は巨大なピラミッドを作り、ある人は数千キロの長い壁を作り、ある人は繊細な装飾の霊廟を作る。どれも同じ人類の偉業。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



時代の流れから取り残された小さな町。昔の輝きが今も色あせることなく残っている。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



博物館が閉まったあと、きっとあちこちを歩き回って背伸びでもしているはず。
(2011年9月 ウズベキスタン タシケント)



シルクロードの中心として栄えた世界遺産の街。3つの神学校が並ぶ広場は、まさにシルクロードを実感できる場所。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



現在と過去がばったり出会う。この似合わないギャップが意外と好きだったり。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



誰もが夢の世界にあこがれる。テーマパークで出会うか、旅で出会うか、だけの違いだよな。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



ワイロを払って塔の上からこっそり広場をのぞく。かくれんぼをしている時のドキドキ感。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



侵略による破壊と再生を繰り返してきたお城。でも、いつの時代も町を変わらず見守っている。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



暗くて狭いらせん階段を登ると、別世界が待っていた。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



ドングリの街路樹。道に落ちた時のカチッという音が、あちこちで心地よく響く。
(2011年9月 ウズベキスタン タシケント)



金箔が貼られ、ずっしりと輝く礼拝所。今までの経験では比べることの出来ない美しさ。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



満月が町を照らす。の方が良かったけど、ちょっとセンスのないライトアップが町を照らす。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



2500年の歴史にたった1日だけど参加する。事件は何も起きなかったけど、平和な1日を一緒に作る。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



巨大なドームの中では店員と客の値段の戦いが繰り広げられる。
(2011年9月 ウズベキスタン タシケント)



青の都と呼ばれるサマルカンド。深い青色の空があったからこそ"青の都"が生まれたのかな。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



砂漠を行き交う商人を癒した宿は、今では顔文字で旅人を癒してくれる、ような。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



もしかしたらやり過ぎで怒られたかもな。今は美しい形と遊び心に見とれてしまう。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



知らない言語の掛け声は、天井に響き渡り心地の良い音色となって降ってくる。
(2011年9月 ウズベキスタン タシケント)



少し歩くだけで新たな発見に出会える。知らないものだらけの好奇心をくすぐる町。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



次の礼拝まで静寂の世界。熱気に包まれた時、モスクは1番輝いている。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



崩れたモスク。他と違うのはただ早いか遅いかだけ。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



売っているものが全く違う。そんな時、遠い異国を意識してワクワクしだす。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



神聖な場所で身も心もシャキッとする。ちょっと油断してた。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



嗅覚に訴えられたら誰でも負けてしまう。お肉を焼く匂いに引き寄せられる。
(2011年9月 ウズベキスタン タシケント)



小さな模様が集まって大きな模様が作られる。壁の片隅は大河の始まりだな。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



目の前に太陽が現れる時間、もうすぐ仕事が終わるかすかな高揚感に包まれる。この時間がたまらなく好きだったり。
(2011年9月 ウズベキスタン タシケント)



少しづつ、でも確実に年を重ねていく。大人の魅力を増す遺跡。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



砂漠を貫く500キロ続く道。傷んだボコボコのアスファルトを、タクシードライバーはきっとラリーだと勘違いしている。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



この広場は世界一美しい。遠い昔から、この地を行き交う何人もの人々が言ったはず。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



ぼーっと眺めていても、たまには時間が流れていることに気づかされる。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



イスラム教の教義、"偶像崇拝の禁止"を破る。素晴らしさをみんな認めたからこそ今に残るのかな。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



下から見た時の威圧感。上から見た時の優雅な感じ。機能的であり芸術的でもあり。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



あまりイスラム教の感じがしない街だけど、モスクの前に立つと信仰の強さは伝わってくる。
(2011年9月 ウズベキスタン タシケント)



青い建物を見すぎたせいかな。違う色にも惹かれたり。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



青とオレンジ、反対色だから美しい。直線と曲線、調和するから美しい。光と影、はかないから美しい。美の宝庫。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



女性はみんな民族衣装を着ている。なかには左右の眉毛を一本につなげている人が居たり。国が違えば美も変わる。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



こんな観光地があったことにちょっと衝撃。今まで知らなかった美しい世界。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



裏道へわざと迷い込む。ありのままの素顔に出会うため。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



レンガで造られた中央アジア最古のモスク。独創的なデザインは、ハトにとっても最高のデザイン。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



抑留日本兵が強制労働で造ったオペラ劇場は、大地震の時もびくともしなかったそう。埋もれてしまった大事な歴史。
(2011年9月 ウズベキスタン タシケント)



天井を眺めていると、どんどん吸い込まれて万華鏡の中をグルグルまわっている。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



想像もできない不思議な建物。こうやってだんだん想像ができる建物が増えていく。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



今は観光用のラクダに変わったけど、たぶん昔からずっと変わらない光景。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



おもしろい発見にたくさん出会える。それが市場の醍醐味。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



シルクロードをイメージできない街並みだけど、やっぱり人々を見るとシルクロードに居ることを実感させられる。
(2011年9月 ウズベキスタン タシケント)



どこの国でも同じ、宝石売り場は女性に人気。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



1日の最後は哀愁に包まれる。明日を期待させるための演出かも。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



インフレの国で、1番大きなお札でも50円ほどの価値しかない。1万円両替したら200枚ものお札が返ってくる。
(2011年9月 ウズベキスタン タシケント)



同じ青。だけど、同じ表情なんてないからおもしろい。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



偶然に出会う美しい景色。めぐり合えたことに感謝。
(2011年9月 ウズベキスタン ブハラ)



歩いて周れる大きさの町。旅人にとってちょうどいい大きさ。
(2011年9月 ウズベキスタン ヒヴァ)



中央アジア最大のモスク。今は崩壊して廃墟になったけど、存在感は昔も今も変わらない。
(2011年9月 ウズベキスタン サマルカンド)



現代社会はいろんな事に詳しくなり、そして無知になる。いつも着ているコットンの綿がこうやって出来ているなんて。
(2011年9月 ウズベキスタン タシケント)




TRAVELのTOP 世界地図へ戻る 


 東アジア
 中国
 チベット
 香港
 韓国
 台湾
 日本

 南アジア
 インド
 パキスタン
 ブータン
 ネパール
 スリランカ
 モルディブ

 中央アジア
 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン

 アメリカ大陸
 ペルー
 ボリビア
 ブラジル
 アルゼンチン
 アメリカ合衆国

 東南アジア
 タイ
 ラオス
 ミャンマー
 インドネシア
 カンボジア
 ベトナム
 フィリピン
 マレーシア
 シンガポール

 中東
 イラン
 トルコ
 シリア
 ヨルダン
 アラブ首長国連邦
 イスラエル

 アフリカ
 エジプト
 モロッコ
 チュニジア

 ヨーロッパ
 オランダ
 ベルギー
 ロシア