沖縄本島 久米島 八重山(石垣島) 清里 京都 奈良 神戸 丸亀 広島 石見銀山
次の一覧
           T O P     >>     T R A V E L     >>    東 ア ジ ア    >>    日 本    >>    清 里         


<渡航時期> 2010年9月



高原は絶景を眺めるための特等席。ぼーっとしているうちに時間が経つのを忘れてしまう。





のびのび育ったおかげかな。搾りたての牛乳とソフトクリームがおいしいんだよな。





たくさんの家臣を引き連れ、奥の間からどっしりと現れる。





のんびりとした鳴き声が、周りをのんびりにしてくれる。メーだけで出来る心地良いBGM。





たくさんのトンボ、少数派の人間には全く動じない。





山のたくさんの表情を見れる。だから、近くから眺める姿は迫力がぜんぜん違う。





いつも一方通行の関係だけど、たまには、大自然も人間の技を受け入れてくれるのかな。





高原のカラッとした夏。心地の良い風が、花の香りと鳥の声を届けてくれる。





青い空とふりそそぐ太陽。きっと、花も人間も気持ち良いのは一緒。





色が世界を変える。匂いが風を変える。そして、ここを笑顔に変えてくれる。





今は片思いだけど、もうすぐ目一杯の光が届くかな。





平らな大地に広がるのどかな場所は、日本の鉄道の最高地点。でも、平らすぎて拍子抜け。





標高1375mに立派な石碑が立っている。標高5000mの鉄道に乗ってしまうと、かわいらしい存在だったり。





20年前にブラックフォールの存在を初めて証明したアンテナ。今も目をこすりながら空を見つめている。