蛭ヶ岳 (ひるがたけ) 
  標 高   1673m
 登山口標高  約600m
 標 高 差  約1000m
 コ ー ス  青根からの日帰り登山
 登頂時間  約3時間
 下山時間  約2時間30分
 登 山 日  2006年12月6日
 登山回数  1回
 車でのアクセス 
国道413号(道志みち)を走り、青根の東野バス停を左折。
"登山道→"と表示されたわかりにくい住宅地を進むと、車1台しか通れない砂利の細い林道に入る。

しばらく進むと、4台ほど車を停められる整備された"登山口"に到着。そこからすぐ上でも、さらに数台の駐車スペースを造っている。周辺地図
 蛭ヶ岳への道のり 
蛭ヶ岳は神奈川県の最高峰。日帰りより1泊2日が主流。

日帰りルートは今回の青根から往復するルートと、塩水橋から天王寺尾根へ行き丹沢山を経由するルートがあるよう。

山頂には通年営業の山荘がある。

1月から3月は冬山登山。紅葉は11月、新緑は4、5月。山頂からの景色はすばらしく、富士山や南アルプスや都心の関東平野の大展望が広がる。

           T O P     >>     T R E K K I N G     >>     丹 沢 山 系    >>    蛭 ヶ 岳         




都心からも見える神奈川県で1番高い山。





標高600mの登山口。
スタート地点には車4、5台が停められるスペース。そして、新たなスペースも工事中。





午前9時に出発。
よく整備された登りやすい道。





急な登りを一気に700メートルほど登る。
1時間ほどで、山の上にある"八丁坂ノ頭"という分岐。





"八丁坂ノ頭"から"姫次"までは30分ほど東海自然歩道を歩く。
尾根沿いのゆるい登り道で、日当たりと景色がよくて気分もあがる。





標高1400mほどの"姫次"。
なかなかの絶景ポイント。





天気がよければ、きれいに富士山を望める。
今回は雲の合間から頂上が少しだけ。





"姫次"からは、せっかく登ったのに下る。
その後も登ったり下ったり。





1時間ちょっとで蛭ヶ岳のすぐ真下までやってくる。
でも最後に、標高差300mほどの登りが待っている。





出発から3時間ほどで頂上に到着。
12時ちょっと過ぎ。

丹沢山系の山々と深い谷、関東平野も見渡せる。
山小屋も1軒ある。





展望のよい山頂。





下山開始。
同じルートで戻る。
途中に登りもあるから大変。





下山開始から2時間30分ほど。
ほどよい疲れの中、下山。

蛭ヶ岳へ日帰りで登れる数少ないルート。
距離が長いけど変化に富んで楽しめる。