富士山 須走 (すばしり) ルート 
  標 高   3776m
 登山口標高  約2000m
 標 高 差  約1776m
 コ ー ス  須走口からの日帰り登山
 登頂時間  約6時間
 下山時間  約2時間30分
 登 山 日  2004年8月24日、2007年7月28日
 登山回数  2回
 車でのアクセス 
須走口は駐車場が少ないです。そのおかげで数キロもの路上駐車の列が出来ていました。

現在は夏の多くの期間がマイカー規制です。ふもとの有料駐車場に停めて、有料シャトルバスで向かいます。

規制日以外だと、早めに現地に着くのが良いです。早朝着でもすでに長い路上駐車。だから、前日に現地に乗り込んで車中泊がおすすめ。高度順応もできるし朝はのんびり出発できます。
 須走ルートへの道のり 
須走口は登りだしの標高が低く、歩く距離も短くはありません。ただ、登山客が多すぎず、吉田ルートと合流する8合目までは比較的のんびり登れます。8合目からは激ごみですが。

最初は緑あふれる樹林帯を歩く気持ちの良い登山道。下山も一部に砂走りと呼ばれる砂の道があって楽に降りれます。
バランスが良い、登山を楽しめるオススメのルートです。 

           T O P     >>     T R E K K I N G     >>     富 士 山    >>    須 走 ル ー ト         




樹林帯の中から始まる景色に富んだルート。
だから、登山口も緑があふれ大自然を感じられる。





登山口には山小屋2軒とトイレだけ。
そんなシンプルさがちょうど良い。





最初は気持ちの良い道が続く。





樹林帯に入ったり見晴らしの良い道に出たり。
繰り返しているうちに、だんだん木々も低くなってくる。





出発から2時間ほど。 本6合目まで来ると、ダイナミックな景色に変わる。






岩が増えても意外と歩きやすい。





出発から3時間ほどで7合目。
やっと半分くらい。





傾斜も増して1歩1歩ゆっくり登る。





ちょうど1時間くらいの間隔で山小屋が並んでいる。
ペースがわかりやすいから目標を立てやすい。





出発から5時間ほどで8合目。
1番人気がある吉田ルート(河口湖口)と道が合流する。
ここから頂上までは同じルートなので急に混雑。





空気が薄くなり、岩場も増えてペースも落ちてくる。
だから、頂上まで渋滞が発生。





出発から6時間ほどで頂上に到着。
河口湖を望む絶景が待っている。

山小屋が数軒あって、食べ物、飲み物、お酒まで充実している。





下山開始。
登りとは別ルート。
途中まで吉田ルートの下りと一緒で、8合目に分岐がある。

石が混じっていて、たまに足がすべってヒヤッとするけど、岩はないし人も少ないから下りやすい。





7合目からは砂走りが始まる。
火山灰が積もったフワフワの道。

ただ、御殿場ルートの砂走りとは違って石も結構混じっている。
油断するとすべるのであんまりスピードは出せない。
それでも、普通の下山道よりは断然楽。





山小屋が見えたら砂走りも終わり。
全身砂まみれ。

もう到着かと思いきや、まだここから樹林帯を30分ほど歩く。
木々が生い茂っているから、日帰り登山で夕方に通過だとかなり暗くて不安。





下山開始から2時間30分ほど。
時間はかなり短いけどやっぱりヘトヘト。

登りも下りも変化に富んでいるから楽しいルート。
登りは少し長いけど、人はそんなに多くなくて、ちょうどいい。