富士山 吉田ルート 
  標 高   3776m
 登山口標高  約2300m
 標 高 差  約1476m
 コ ー ス  吉田口(河口湖口)からの日帰り登山
 登頂時間  約5時間30分
 下山時間  約3時間
 登 山 日  2005年9月3日
 登山回数  1回
 車でのアクセス 
登山客が多く駐車場もかなり混んでいます。

現在は夏のほとんどの期間がマイカー規制です。ふもとの有料駐車場に停めて、有料シャトルバスで登山口に向かいます。
 吉田ルートへの道のり 
吉田口(河口湖口)は1番人気のルート。山小屋がたくさんあってペースが作りやすいです。
ただ、ツアー客も使うルートで混雑がものすごい。登山渋滞で自分のペースで登れません。そして、下りはひたすらジグザグのスリッピーな道。気が遠くなるほど長く感じます。 

           T O P     >>     T R E K K I N G     >>     富 士 山    >>    吉 田 ル ー ト         




1番人気の登山口。人も車もバスもたくさん。
登山ツアーを利用する団体グループも多い。





他の登山口では見られない、にぎやかな雰囲気。
登山しない人もいて、観光地という感じ。





スタートから6合目までは、ゆるやかで歩きやすい道が続く。
馬に乗って行く事もできるみたい。





6合目からいよいよ本格的な登りが始まる。
山小屋がいくつも見える。





出発から2時間弱、7合目に到着。
この辺りから、難しくはないけど岩場の多い道になる。
そして、次々と山小屋が出現して気分的に楽。






だんだん斜面も急になってくる。





山小屋が多いおかげで、ペースも作りやすい。
気づけば意外と登っている。





8合5勺が最後の山小屋になる。
落石が多そうで、防護壁が並ぶ。





頂上まであとちょっと。
だけど、まだまだ長い道のり。





空気が薄くて息がすぐ乱れる。
少しずつゆっくり登る。





頂上に近づくと岩がごろごろ。
疲れた足で岩をよじ登るのは余計にきつい。





出発から6時間弱。頂上に到着。
河口湖を望む絶景が待っている。

さすが、1番登山者が多いルート
山頂にも山小屋が数軒あって、食べ物、飲み物、お酒まで充実している。






下山開始。
登山道とは別のルートで下る。
ジグザグになった単調な道で、滑りやすくてかなり疲れる。





山小屋は登りではたくさんあったのに、下りには無い。
8合目付近で、登りルートの山小屋に寄れるだけ。

8合目までは須走ルートの下りと一緒で、8合目の山小屋の横で分岐する。ただ、そのまま降りると須走ルートに行ってしまう。
分岐でコースを間違える人がいるそうで、看板をよく見て気をつけた方がよさそう。





道も単調、景色も単調。
油断すると、足がすべってヒヤッとする。





やっとヘトヘトになって下りが終わったかと思いきや、今度は落石よけのトンネルを通りながら横に進んで行く。
ここからまだ1時間近くかかる道のり。





下山開始から3時間ほど。
肉体的にも精神的にもぐったりしながらなんとか下山

山小屋が多いから登りやすいコース。
その分、人が多くて疲れる。
下りもかなり疲労がたまるつらい道。