ハバナ
ハバナ アメリカ合衆国 メキシコ
           T O P     >>     T R A V E L     >>    ア メ リ カ 大 陸    >>    キ ュ ー バ         

 キューバ情報  

首都   ハバナ
国土   北海道プラス九州くらい
人口   約1100万人
年収   約104万円
宗教   無信教55%、キリスト教40%
こんにちわ  ブエナスタルデス
渡航時期  2017年5月
渡航回数  1回

 キューバへの道のり

キューバは社会主義の国。他の国と比べると旅しにくい部分がありました。逆に他にはない学べる事もたくさんありました。

大変だったのは、まずサービスという概念が薄い事です。

空港に到着した後、預け荷物を受け取るのに2時間待たされました。さらに両替する為に2時間。お客さんを待たせないようにという感覚が無いので、街に出てもあちこちで行列に遭遇します。

でも不思議な事に、"出来て当たり前"という今までの基準はどんどん下がり、待っていてもイライラしなくなります。そのおかげで、日本は基準が高すぎるから心の余裕を減らすんだなと気づかされます。


キューバは年収が数千円から数万円の国。日本の基準で言うと幸せな生活ではありません。だけど、ここで暮らす人々は人生を陽気に楽しんでいて幸せそうです。
ちなみにアラブの富豪の国を基準にしたら、日本も貧しい不幸の国になってしまいます。

つまり、幸せかどうかを決めるのは、年収の多い少ないではなく、身近な周りと比べて多いのか少ないのかで決まっているんだなとわかります。
だから、お金や物がいくら恵まれても幸せとは限らないし、お金や物が無くてもみんなが平等だと苦しみは少ないんだと思います。


キューバは経済開放へ少し転換したようなので、これからは変わっていくかもしれません。もし行くなら早めがいいと思います。社会主義の国でも学べる事はたくさんありそうです。
人生を楽しむプロの集団キューバをぜひ1度体験してみてください。