オルヴェリ・ビーチリゾート マーレ
           T O P     >>     T R A V E L     >>    南 ア ジ ア    >>    モ ル デ ィ ブ         

 モルディブ情報  

首都   マーレ
国土   東京23区の約半分
人口   約39万人
年収   約101万円
宗教   イスラム教
こんにちわ  アッサラームアレイクン
渡航時期  2002年4月
渡航回数  1回

 モルディブへの道のり

モルディブへは普通の相場より低予算で行くことができました。
運が良かったとは思いますが、お金が無いけど行ってみたいという方には少しでも参考になればと思います。


モルディブを知ったのは、三好和義さんの写真集"楽園"を見たからでした。その時は、いずれ人生の中で行けたらいいなという程度でした。なのに、新婚旅行でもなく若くして"楽園"へたどり着くことができました。

その経緯ですが、
まずは参考にならないですが、インドへ旅行することが決まりました。
そしてインドの南、トリヴァンドラムという街から、モルディブまで飛行機で1時間の近さ。だから航空券を安く買えました。


で、問題はホテルでした。
モルディブは完全に貧乏旅行ができない国だからです。情報収集のために"地球の歩き方〜モルディブ編〜"を買いましたが、自由旅行を薦める"地球の歩き方"ですら、自由旅行はできないと宣言していました。

なぜできないかというと、モルディブは1000を超えるとても小さな島々が集まってできた特殊な国だからです。大きな島でさえ一周歩いて40分程度。

つまり、ひとつの島にホテルが何軒か建っていて安いホテルを探せるのではなく、ひとつの島にはひとつのホテルしかありません。
さらに漁民の島、飛行場だけの島、首都だけの島。他にごみを捨てる島、石油をためておく島なんかもあって、小さい島だからこその独特の形になっています。


そして、島と島の間に定期便の船は走っていなく、それぞれの島が必要に応じて船を用意します。
なので、ホテルは事前に予約しておき、飛行場でホテルの迎えの船に乗ってそれぞれの島に行く、という形しか取れません。そして島にあるホテルはすべて高級ホテル。

唯一、首都マーレの島にはホテルが何軒かあって、貧乏旅行スタイルは取れるみたいです。でも、モルディブに行く目的は美しい海を見るためなので、結局リゾートの島に行くにはホテルの予約が必要なのです。


まずホテルを探すために何ヶ所か旅行会社に問い合わせをしました。でも、安いホテルはありませんでした。そして、海外のサイトで探していると、改装工事中だけど一部営業しているというホテルを見つけました。

旅行会社で手配をしてもらいましたが、"ほんとにいいですか"と何度も確認されました。でも、値段はかなり安かったのでもちろん即決しました。


現地に行ってみると島の端4分の1が改装工事のため立ち入り禁止でした。でも、今まで見ていた写真以上の、本当にすばらしい絶景を見ることができました。
さらに、日本人びいきのオーナーに2000円弱でいいから延泊しないかと薦められました。だからといってお客さんがいなかったわけではなく、安いからたくさんのヨーロッパからのお客さんが来ていました。もちろん日本人は他に居なかったけど。

かなり運が良かったですが、見た感じ、どこかしらでリニューアル工事をしている可能性はあるかもしれません。


もしも運良く見つけることができたら、低予算でぜひ楽園モルディブのすばらしい思い出を体験してみて下さい。



※左の地図は略図