オルヴェリ マーレ
オルヴェリ マーレ インド スリランカ
          T O P    >>   T R A V E L    >>   南 ア ジ ア   >>   モ ル デ ィ ブ   >>   オ ル ヴ ェ リ        



今まで見てきた海とはまるで違う。いつもと同じ音と匂いだけど、別世界の美しさが押し寄せる。





脳みそがとろけるってこういうことかな。波と一緒に夢と現実をゆ〜らゆら。





当時は使い捨てカメラ全盛の時代。もしデジカメがあればたくさん絶景を撮れたのに。でも、また訪れる理由ができたかな。





改装中で人が少ない島は歩いて15分で1周できる島。一人だけの海にしてはちょっと広すぎるけど、一生に一度の贅沢な時間。





遠浅の白い砂浜が続くビーチ。夢中で砂浜を歩いていると、いつの間にか島が小さくなっている。潮が満ちてきてピンチ。





自分の姿を一生知れない魚。砂に浮かぶ影が自分だとは気づかないか。





ここはきれいなものが海だけじゃない。心地良く繰り返す天然のBGMを聴きながら、華麗な舞台を鑑賞する。





魚にビビリながら初のシュノーケリング。知らない世界へおじゃまします。





でかい魚や小魚の大群がたくさん泳いでる。知らない世界って少しおいしそう。





最後の太陽はどんどんスピードをあげていく。本当はずっと見ていたいのに。





あっという間に終わってしまった刺激的すぎる1日は、一生思い出せる1日。





翼を広げたマンタ。海の中を自由に飛びまわる。





カヌーでやってきた無人島。いつの間にか新発見を探して探検家になっている。





フワフワで小麦粉のような砂浜。とりあえず裸足になってヤシの木の下で踊ってみた。気持ちいい〜。





何にもない島だけど退屈しない。何にもない贅沢を満喫する。