台北
台北 中国 日本 フィリピン
           T O P     >>     T R A V E L     >>    東 ア ジ ア    >>    台 湾    >>    台 北         



日本に居るかのような安心感。それでいて、せかせかしない街は絶妙の心地よさ。





センター街でも歩いている気分。客引きの片言の日本語で違う国を意識する。





観光しやすい街って移動しやすい街。頭の中の地図がどんどん広がっていく。





いたいた新幹線。他の国でも無事故でがんばれ。





つかの間の世界一だとしても圧倒的な高さを見せつける。





晴れていると空の高さを知れる。曇っていると空の低さを知れる。





重さが660トンもあるのに驚き、それをロープでつっているのに驚き。そもそも、地震対策のアイディアに驚きだけど。





ところてんのように押し出される。なんか気持ちいい街並み。





再び戻って来れるかわからない。そう思ったら、どんなに似ていても大切な思い出に残したくなる。





年末のウキウキ感ってどこの国でも一緒だな。もういくつ寝るとあれか。





夜遅くまでにぎやかな街。カラフルにライトアップされた路地で食べ歩き。





商品の違いを探して文化の違いを楽しめる。そもそもマークが古いままだけど。





夜の市場は活気があふれまくっている。肌寒い年末の熱い夜。





夜ご飯は何にしよう。店がたくさん並びすぎていて、かなりの難問かも。





目の前で肉を焼く鉄板焼きの店。高級なイメージだったのに値段が違いすぎて笑ってしまう。





熱気があふれる大舞台。おばちゃんは華麗な技を繰り広げ一瞬で作りあげる。





高級レストランで食べるのも贅沢。缶ビールを飲みながら屋台飯をつつくのも贅沢。





テレビの影響で足ツボマッサージは痛いと思っていた。終わったら足が軽くてほんとに気持ちいい。確かに少しは痛いけど。





目だけじゃなくて匂いでも楽しめる。でも、臭豆腐の匂いだけは遠慮しておこう。





虫もあれば高級食材もある。どっちも入っていない普通の料理が1番いいな。





料理は作る過程から味わえる。ん〜間違いなくおいしい。





どこだか忘れてしまうけど、ここは500mの道路の上。すべての道は胃袋に通じている。





得体の知れない食材を見つけ、食べている人が居ないかこっそり探す。





占いの店がたくさんある。ってことは、占いの仕方もたくさんあるってことか。例えばインコが占ったり。