沖縄本島 久米島 八重山(石垣島) 清里 京都 奈良 神戸 丸亀 広島 石見銀山
次の一覧
           T O P     >>     T R A V E L     >>    東 ア ジ ア    >>    日 本    >>    八 重 山 諸 島         


<渡航時期> 2014年3月



今まで知らなかった美しさが現れる。そんな時、改めて自分の国が好きになる。





目の前に広がる世界、見慣れた海の記憶をあっという間に塗り替える。





不純物ゼロ。魚は隠れる場所がない。





海も好きだけど山も好き。ここはどっちも満足させてくれる場所。





隠れたり出てきたりまた隠れたり、子供を探す長い旅に出ようとしているのかな。





オレンジ色のフィルターが青色を包み込む。そしたら心まで優しい気持ちに染まっていく。





大きすぎず小さすぎず、不便すぎず便利すぎず。他人すぎず身内すぎず。





田舎暮らしと都会暮らしの境界を簡単に行き来できる場所。意外と理想郷だったり。





地球の内部に入り、人間の小ささよりは人間の大きさを実感する。





石垣島から船で約10分。素朴な色があふれる竹富島に上陸。





忙しさに追われる毎日と、のんびり過ごす毎日。心の余裕が違うからみんなの笑顔も違う。





この道を通る日常が持てたなら、なんだかもっと幸せになれる気がする。





観光客向けとわかっていても、水牛の荷台に揺られ三線の音色を聴いていると、まんまと乗せられ快感になってしまう。





快適さでは現代にかなわないけど、昔からの知恵はいつまでも残ればいいな。





美しい色に誘惑される人間。意外と種を増やすための思惑通りだったり。





ビーチに陣取る猫。やっぱり猫だって日光浴したいのかな。





大きな砂浜に小さな星が輝く。





石垣島から船で約40分。緑がうっそうと茂る西表島(いりおもてじま)に上陸





昔あこがれた場所は、期待通りだったり期待通りじゃなかったり。時が経ちここも変わり自分も変わる。





毎食のエサ付き、週休二日で行ったり来たり。ブラック企業じゃないから安心の仕事。





ジャングルをクルージング。いつまで経っても、この場所と日本という言葉が一致しない。





普段感情を見せてくれないけど、いつだって懸命に生きている。





空気の匂いと聞き慣れない鳥の声、ここには人間が住んでいない事を教えてくれる。





根をはって生きる。ちょっとはり過ぎた感じもするけど、一歩一歩積み重ねた結果かな。





マングローブ。時間はかかったけど、これからは身近な知っている言葉。