アムステルダム
アムステルダム ベルギー ロシア
      T O P    >>   T R A V E L    >>   ヨ ー ロ ッ パ   >>   オ ラ ン ダ   >>   ア ム ス テ ル ダ ム    



世界遺産の運河に囲まれたおしゃれな首都。人も街も自由で開放的な場所。





古い建物が並ぶ街、だから古い作品を1つ1つ眺めながら散歩ができる。





にぎわう商店街を走るのは路面電車。何度、目の前を取り過ぎても見慣れない景色。





街の中心にある大きな広場は、人にとってもハトにとっても快適な溜まり場になる。





古さと新しさが出会う。おかげで意外なギャップを楽しめる。





裏道のただの住宅街だけど、素敵な景色が隠れている。





遠い国の駅に降り立ち、最初の一歩。なぜか故郷に帰ってきた気分になっている。





旅が始まり旅が終わる駅。たくさんの思い出をこの駅は知っている。





懐かしさを感じるのはなぜだろう。昔、かざぐるまを作って遊んだおかげかな。





上もいいけど、下も素敵な世界。ムーミンでもいないかな。





見えない風は自分の姿を優しく残す。





記憶の片隅にあったゴッホの絵。洗濯をしている人がいないから、描かれた場所ではないのかな。





おだやかな午後のクルージング。のんびり流れる街がちょうど気持ちいい。





橋をくぐるたびに橋があらわれる。終わらない美しさに迷い込む。





バランスがうまいおかげで、さりげない個性を楽しめる。





家の前が運河。どんな生活になるか想像できないけど、アスファルトよりは断然いいな。





知らない街をホテルの窓からこっそりのぞく。たくさんの物語が上演されている。





肌寒い夜だけど、優しい色が冷えた心を暖める。





運河だらけの街に唯一残る自然の川。こぼれだしそうなほど目一杯に流れている。





花市場に並ぶ鮮やかな色といい匂い。世界共通の楽しみで良かった。





いろんな種を売っている。まさに変り種もあったり。日本では捕まるけど。





自転車だらけの国でごちゃごちゃ感がないのはなんでだろう。個性的でおしゃれな自転車に乗っているからかな。





日本では絶対に出店できないお店がたくさん並んでいる。さすが自由の国。





コーヒーを飲むならカフェへ。ここでのコーヒーショップはコーヒーがない、煙と音楽であふれているお店。