イスタンブール パムッカレ カッパドキア アンタクヤ
イスタンブール パムッカレ カッパドキア アンタクヤ イラン シリア ロシア
           T O P     >>     T R A V E L     >>    中 東    >>    ト ル コ    >>    カ ッ パ ド キ ア         



自然が造った彫刻があちこちに展示される、世界遺産に登録された不思議な世界。





迷子にならないようにおそろいの三角帽子。散歩でもしている途中かな。





岩に隠れた動物は、一瞬のひらめきで顔を出す。とりあえずラクダを1匹発見。





千年後はきっと違う美しさ。とりあえず、今日の美しさに出会えてよかった。





帽子を浅くかぶったクールな3人組。風で帽子が飛ばされないように。





奇岩に埋もれた小さな町。どこへでも歩ける広さと静かににぎわう感じ、旅人にピッタリの心地良さ。





見上げて歩くのが楽しい町。だから、いつもより空の小さな変化に気づく。





奇岩を掘った洞窟ホテルは冬でも暖かい。ぬるいシャワーで冷えた後でもぐっすり寝れる。





岩をまるごと家にする。誰にも知られない秘密基地で、マンガを全巻持ち込んで読破でもしているかな。





外見だけでは人も教会も良さはわからない。汚れた岩の内側は、美しい壁画が描かれ優しさであふれている。





岩壁まるごと住宅にする。生活感のなくなった場所は、静けさを感じる場所になる。





夕暮れを見ようと高台へと急ぐ。太陽はもう居なかったけど、一番星が迎えてくれる。





色とりどりの気球は、早朝の大空に輝く優雅な星になる。





音も立てずに上からそーっと忍び寄る。ちょっとのぞき見している気分でドキドキ。





大地に目一杯に伸びる影。みんなそろって朝日を迎えてくれる。





地上が遠くなってもまったく怖くない。風に乗って進む、気まぐれな散歩だからかな。





光に少し遅れてしまうけど、いつも心の奥まで温もりを届けてくれる。





高度が上がり、景色も広がる。





どんどん形を作り、空へと吸い寄せられる。





飛行機ではあまり味わえない、空を飛んでいる実感を味わえる。