イスタンブール パムッカレ カッパドキア アンタクヤ
イスタンブール パムッカレ カッパドキア アンタクヤ イラン シリア ロシア
           T O P     >>     T R A V E L     >>    中 東    >>    ト ル コ    >>    パ ム ッ カ レ         



遠くから見ると雪の降る世界。近くから見ると、石灰の棚田と古代の遺跡が残る世界遺産。





温泉が流れこむ絶景の露天風呂。今は入れなくなったけど、極楽に一番近いお風呂だったかな。





裸足での散歩は、美しさを感じる前に暖かい足湯になってくれる。時々痛いけど。





それぞれが太陽を引き連れ、それぞれが青さに磨きをかける。歩くたびに感動がやってくる。





神様が創った豪快な景色。失敗だったのか狙い通りだったのか。





そもそも丘の上からの眺めが美しい。上を見ても下を見ても素敵な景色に癒される。





青と白の絵の具しかなかったとしても、絶景って出来てしまう。





無理な開発で温泉は枯れつつあるそう。でも、水風呂でもいいから注いでほしい。





紀元前200年から続く温泉街。今も2000年前も幸せに感じる事って変わらない。なんだか安心。





温泉入って劇を見て。たまには卓球でもしたのかな。





昔の繁栄を想像するためのヒント。残してくれたおかげで答えを楽しめる。





2000年も残った奇跡に見とれてしまう。どうか中に居る間だけは崩れませんように。





絶景のお墓で安らかに眠れているのかな。意外と長風呂でのぼせていたり。