パロ プナカ ティンプー
           T O P     >>     T R A V E L     >>    南 ア ジ ア    >>    ブ ー タ ン         

 ブータン情報  

首都   ティンプー
国土   九州とほぼ同じ
人口   約70万人
年収   約65万円
宗教   チベット仏教カギュ派
こんにちわ  クズザンポーラ
渡航時期  2016年5月
渡航回数  1回

 ブータンへの道のり

ブータンはいまだに自由旅行ができない国です。

お隣の国ネパールを参考にしているようで、ネパールは外国人に自由に開放した事により、世俗的な影響を強く受けてしまったそうです。

ブータンは敬虔な仏教国。
物質的な豊かさより精神的な豊かさを重視しているので、自分たちの文化・生活を守るため、旅行者数をコントロールしているようです。

高い料金の支払いを義務にして、また、旅行中ずっとガイドが同伴します。ただ、ホテルに戻った後などは個人で自由に街を散策しても良いそうです。


公定料金と呼ばれる金額は、1日滞在するごとに、250米ドル(28,000円)ほど必要になります。ただ、この料金にはホテルや食事、ガイドや移動費などがすべて含まれます。公定料金以外で必要なのはお土産代と飲み物代くらい。


とは言っても、本当なら1日数千円で旅ができるような国です。なので、気軽に長期で旅するのは今のところ難しいです。で、今後もこの仕組みは変わらないそうです。


そんなわけで、今回は3日間の滞在しかできませんでした。 この国を深くは見れませんでしたが、"幸せの国"と呼ばれる理由は知れたと思います。

当たり前だった自分たちの価値観。それとは別の価値観で暮らしている人々。ぜひ、"最後の秘境"と呼ばれるブータンへ訪れてみて下さい。