アーグラ ジャイプル カニャークマリ マイソール コルカタ マナリ ジョードプル ムンバイ アレッピー アーマダバード
3ページ目へ
ジャイサルメール ハンピ バラナシ デリー ダラムシャーラー ゴア マハーバリプラム ダージリン アムリトサル エローラ アーグラ ジャイプル カニャークマリ マイソール コルカタ マナリ ジョードプル ムンバイ アレッピー アーマダバード レー 上ラダック 下ラダック ヌブラ トゥルトゥク パンゴンツォ ミャンマー 中国 ブータン ネパール パキスタン モルディブ スリランカ ページ1 ページ2 ページ3ラダック
           T O P     >>     T R A V E L     >>    南 ア ジ ア    >>    イ ン ド    >>    ア ー グ ラ         



どこから見ても貫禄の世界遺産。でも、王様が奥さんのために造ったただのお墓。





12年ぶりに訪れた場所。2回目なのに、入り口の門を前にドキドキ早足になってくる。





期待を超える姿が現れる。完成してから三百数十年、この景色にどれほどの人が驚いたことか。





テレビで何度も見てきた景色。でも、目の前に広がるのはぜんぜん知らない景色。





イスラム文化とインド文化が出会う。ケンカしなくて良かった。





白の中に輝く数少ない色。それが宝石の色だと知っても、もうあまり驚かない。





外とは逆にシンプルでひっそりした内部。安らかに眠るにはちょうどいいのかな。でもうるさくて眠れないだろうけど。





川を挟んだ反対側に黒大理石の同じ墓を作ろうとした。もし出来ていたらきっと歴史は変わっていた。





王妃への愛と同じくらい人民への愛があれば、もっと平和が長く続いただろうな。





まぶしいくらいの白の世界。鮮やかな色にほっとする。





人気者の横だから存在感が薄くなる。でも、じつは味があって素敵なモスクなんだよな。





たくさんのインド人観光客。12年前と比べると国内旅行ができる中産階級が増えたってこと。





12年前は混雑とは無縁の静けさ。今から12年後は世界中にインド人観光客かも。





衛生状態がひどかった街だけど今はまともになっている。レストランのテーブルもハエだらけで黒になっていたのに。





世界遺産のお城はタージマハルを建てた王様が座を奪われ晩年幽閉された場所。インドのおもしろい歴史が残る時代。





違う世界だから幸せな暮らしにしか見えないけど、意外と幸福や苦しみの量って王様も庶民も一緒だったり。





彼方に見えるタージマハル。近いようで遠く、遠いようで近く。





真上に潜む美しさ、離れてやっと気づく。他にはどこに隠れているのかな。





世界中のすべてのものはどこかの何かのまねからできている。だからどんどん洗練されていく。





完成された美しさ。きっと完成された方程式が含まれている。





選ばれた人しか入れなかった場所を自由に見て回る、今の平和な時代に感謝。





風を感じながら景色をぼーっと眺める。どこの国でもどの身分でも同じ贅沢な時間。





これからは巨大タージマハルもミニチュアのタージマハルもどっちも思い出せる。





主がいなくなった城にたくさんの鳩が暮らす。フンと臭いはまき散らすけど、平和な主が守ってくれる。





離れ離れになった王様と王妃だけど、今はタージマハルに棺が並ぶ。天国で一緒に暮らせているかな。





どんどん変わっていく街だけど、昔と変わらない姿にうれしくなったり。