ジャイサルメール ハンピ バラナシ デリー ダラムシャーラ ゴア マハーバリプラム ダージリン アムリトサル エローラ
次の一覧
           T O P     >>     T R A V E L     >>    南 ア ジ ア    >>    イ ン ド         

 インド情報  

首都   デリー
国土   日本の約9倍
人口   約12億1000万人
年収   約45万円
宗教   ヒンドゥー教81%、イスラム教12%
こんにちわ  ナマステ
渡航時期  2001年5月、2005年4月、2016年5月他
渡航回数  5回

 インドへの道のり

インドを旅した人に感想を聞いてみると、「また絶対行きたい」か「もう絶対行きたくない」という答えが多くて、中間の答えをあまり聞きません。私は前者の方で3回目の旅を終えインド好きにさらに磨きがかかってしまいました。そして現在は5回目。


意見が分かれるのは人それぞれだとは思いますが、列車で知り合ったインド人と話をしている時に、「あなたは自分の国の人が好きですか」と尋ねてみました。答えは「NO」でした。彼は「だってインド人は"Funny"な人が多いからね」と答えました。

正直、なんてうまい表現をするのだろうと思いました。
"Funny"はおもしろいとか変わったとか、あと辞書を調べたら人をだますとか生意気なという意味もありました。

人口10億人強のインドを歩いていると、常に人と会い接していきます。さらに好奇心が強くて"Funny"なインド人です。
それが常に続くと、疲れてしつこく感じてしまう人もいるでしょう。逆に日本では考えられないようなインド人がおもしろく感じてしまう人もいます。


インドへ行くといつも子供になった気分になります。
日本で当たり前だと思っていた数々の事が、インドでは全く通用しません。文化が違いすぎて、次々に現れるハチャメチャな驚きと新鮮さに脳は興奮してしまいます。そしてインドを離れても、1度覚えてしまったインドの刺激を脳の奥が欲しるのです。


そんなインドですが、毎回行く直前は緊張と不安で全身に力が入ってしまい、行くことを後悔もしてしまいます。でも、その気持ちはインドに着いてすぐに消え去ります。

今まで行った3回とも飛行場を出たすぐ後に、早速のごとく外で待っているタクシー運転手にだまされかけてしまい大声で怒鳴ってしまいました。

でも、その瞬間体の緊張が一気にほぐれ、なぜかおかしくなってくるのです。「インドへおかえり」と言われているような!そしてまたこれてよかったと心から思うのです!