アルマティ イリ川 メデウ
アルマティ イリ川 メデウ ロシア 中国 キルギス ウズベキスタン イラン
      T O P    >>   T R A V E L    >>   中 央 ア ジ ア   >>   カ ザ フ ス タ ン   >>   ア ル マ テ ィ    



昔はシルクロードの街。ちょっと昔は共和国の首都。今は携帯売り場が大盛況の近代的な都市。





街の呼び名がたくさんある。地元の人はアルマタ、アルマトゥイ、アルマアタ。英語はアルマティ。日本ではアルマトイ。正解がわからないところが多民族のこの国らしさ。





道路も広いし歩道も広いし、国土が広い国はゆとりが違う。





かわいい色使い。玉ねぎ型の屋根。ロシアを旅したおかげで世界がひとつ近くなっている。





たくさんの民族が共存する街。簡単に地元の人になりきれる。





巨大なバザール(市場)。朝鮮系の人も多いからキムチとか漬物がかなり充実。





怖い顔をした警官が何か言いながらやってくる。警察が腐敗した国だからちょっとびびって逃走。あとで市場での写真撮影がダメだと気づく。





甘い匂いが辺りに漂う。行列の出来るチョコレート屋さん。





数少ない街の見所。ロープウェーに乗って街を見渡せる丘へ。





少し進むだけで一気に景色が広がる。それがロープウェーの良い所。





大きな街に沈む夕日は小さく見える。この街に沈む夕日は大きくていつもより暖かい。





南には標高4000mの幾重にも重なる山々。





山の国で育ったせいかな、どこまでも続く平らな大地に見とれてしまう。





二度と同じ景色は現れない、今日の為に見せてくれた素敵なショー。





1つ1つの小さな人生は、いつしか大きな物語となって目の前に現れる。





夜景スポットではないけど、黄色い温もりのある光に惹かれてしまう。意外と好きな夜景だな。





この先、北極海までの約3000キロ。山らしい山のない平原がずっと続く。