1ページ目
白川郷 飛騨高山 富山 群馬 日光
沖縄本島 久米島 石垣島 清里 京都 奈良 神戸 丸亀 広島 石見銀山 白川郷 飛騨高山 富山 群馬 日光 ロシア 中国 韓国 台湾 アメリカ ページ1 ページ2
           T O P     >>     T R A V E L     >>    東 ア ジ ア    >>    日 本    >>    群 馬         

<渡航時期> 2017年1月



150年前の歴史を知ったとたん、ジワジワ迫ってくる。見た目の派手さはないけど、世界遺産の富岡製糸場。





最先端の技術を持つという事は、最先端の美しさも持つ。という事かな。





当時の繊維産業が現在の日本をつくる。ピタゴラスみたいな機械を見て、その謎はすぐ解けた。





ガッタン、ジジジジ、ゴォーー。閉館間際のシーンとした部屋をボロ宇宙船にしてみる。





煙突の先にある空に気づく。周りが高いものだらけになると、見上げる理由はなくなるな。





危ない、汚い、使いづらい。古いまま残すのは、きっと壊すよりはるかに難しい。





昔は繭が置かれた部屋、今は3Dダンジョンゲームを懐かしむ部屋。モンスターの近づく音を思い出す。





夕暮れの太陽は窓をそっと鏡にする。フライング気味に咲いた梅の花に、もう1輪の仲間を増やしてくれる。





のんびりした景色とおいしい川の風。この場所を選んだ理由の1つかな。





目が覚める冷たい空気の中、長い階段を走り降りてくる。寒いのか暑いのか、伊香保の温泉は白い息を吐く。





温泉街にある関所。通過できた時は120%極楽気分。





パンケーキじゃなくて温泉まんじゅう。VRゲームじゃなくて射的。古臭さがまだまだ似合う場所。





ほのかな期待を持って長い石段を登る。やっと見えた頂上には神社。疲れが報われるゴールかな。





この橋を良くできるのも平凡にできるのも、カメラのなせる技。





絶景は出しおしみしない。建物のすき間からチラ。露天風呂の湯気からチラ。雪道で下ばかりに夢中でもチラ。





頭の中の地図をクルクルまわす。群馬で富士山。は見えないか。





何にもない、便利さもない。だけど、心がときどき欲しがったりする。住んでみたいんだよな。