ソウル
ソウル 中国 日本 ロシア
           T O P     >>     T R A V E L     >>    東 ア ジ ア    >>    韓 国    >>    ソ ウ ル         



なんだか見慣れた景色。看板が唯一外国にいることを証明してくれる。





お隣さんだからほしい物だって必要な物だって似た感じ。そんなわけで市場は買い物天国。





数年前放火で全焼した南大門。でも数年後には新たな歴史が始まっている。





あのビルはきっとダルマ落しの途中。





違う日常だけどいつもの日常が始まりそう。出勤前の一杯の缶コーヒー。





日本にはない景色に出会い、逆にお互いが似ている事を実感してしまう。





数年前まで真上に高速道路が走る汚い川だった。なんだか他人事には思えない。





木の味わい、優しい色、心地よい間隔、ここは必然の美しさで出来ている。





真ん中の道は亡くなった王のための道。王様の居ない時代になったけど、今も快適に歩いているかな。





模様の意味を考える。1つわかるのは韓国らしいってこと。





質素な造りの王様の離宮。きっと庶民に好かれる王だったはず。





今と変わらない人間ドラマだけど、いつしか歴史と呼ばれるようになる。





新しい色を乗せるたびに、新しい命が吹き込まれる。いつまでも美しさは途切れない。





いろんな国の観光客が歩いている。韓流ブームは世界中に広がっている。





川岸でぼーっとする。世界共通のくつろぎ方。





地面に散らばる無数の星。あそこが天の川、じゃなくて繁華街かな。





地下鉄の駅にガスマスク。平和って当たり前だけど、忘れると簡単に消えてしまう。





島を埋め立て巨大な飛行場を造る。地図を眺めても現実を眺めても、絶好の場所を見つけたよな。