プノンペン アンコールワット シェムリアップ ベンメリア トンレサップ湖 バベット ポイペト
プノンペン アンコールワット シェムリアップ ベンメリア トンレサップ湖 バベット ポイペト ラオス ベトナム タイ
  T O P    >>   T R A V E L    >>   東 南 ア ジ ア   >>   カ ン ボ ジ ア   >>   ア ン コ ー ル ワ ッ ト 



千年の間静かに歴史を刻んできた。観光地化され再び騒がしくなったけど、国旗にも描かれる偉大な寺院。





立体感を持っていなかった光景は、近づくにつれどんどん奥行きを取り戻す。





神話が描かれた600mもの壁画。いずれここが神話になるんだろうな。





過去の華やかさを想像してみる。どう考えたってうらやましい世界。





小さな窓は薄暗い壁に大きな模様を映し出す。太陽の温もりを感じる模様。





誰も気づかないただの柱でさえ、主役になれる魅力を持っている。





変わらない過去を映し、変わらない未来を映す。





いつも見慣れた太陽だけど、今日はとびきりの感動を連れて昇ってきた。





作った人が知らない、空から見た姿。作った人しか知らない秘密基地だった。





大地から離れたのにいつもより大地を感じる。そうそう、いつも地球の上に住んでいた。





空からしかわからない途方もない全容。人間じゃなくて、きっと神様の仕業。





聞いたこともない鳥の笑い声がジャングルに響く。どうやら神様が住む世界に迷い込んだのかな。





はじめまして、ではないかもしれない。いつも心の中で優しさを運んでくれる。





空想のような遺跡だけど、崩れた遺跡が現実を教えてくれる。





気の遠くなる作業が、気の遠くなるほど壮大な遺跡を復元させる。





象を追って門をくぐると猿がたくさん迎えてくれる。不思議の国の入り口かな。





丘の上の遺跡は崩れながらも生き残る。きっと夕日を眺める特等席だから。





小さな一歩だけどとても大きな一歩。どこの遺跡も階段が狭くて急。





ジャングルの奥にたたずむ死者の門。遠いし観光客もいないし、来たいなら死後でもいいのかも。





リーテ・ラトバリタ・ウルス。。。誰かがラピュタを地上に呼び寄せた。





人間の目には映らない。でも連続で写真を撮るときっと動き回っている。





人間の時間。植物の時間。地球の時間。全く違う時間が1つの美しい形を造りだす。





遠い昔からここを知っている。最近、人や車で騒がしくなってごめんね。





種が入る隙間、遺跡に生えるコケ、動物から守られる高さ。意外と土より育ちやすい環境だったり。





前が見えないから転ばないように。きっと学芸会の練習中。





ジャングルの中でローマ風の2階建ての遺跡。心地いいミスマッチ。





王様が通ったまっすぐ長い道。ファッションショーでもしたのかな。





根を張った大木が崩れないように守っている。もしかして愛かも。





いろんな文明が影響しあい新たな文化として花開く。そしてまた次の文明に種をまく。





恥ずかしがり屋の太陽。鏡にお尻が映っている。





何百年間も遺跡を照らし続けてきた。たった1日だけど出会えてほんとに良かった。