ダマスカス アレッポ パルミラ ボスラ
ダマスカス アレッポ パルミラ ボスラ ヨルダン イスラエル トルコ
           T O P     >>     T R A V E L     >>    中 東    >>    シ リ ア    >>    ボ ス ラ         



ローマ帝国時代の遺跡が今も残る小さな町。人と遺跡が素朴に共存している世界遺産。





世界で最も完全に残るローマ劇場。2000年前の人々が舞台に陶酔する姿、世界で一番想像ができる。





たくさんの歓声に包まれながら舞台へとあがる。緊張と高揚感に包まれた景色。





時間も場所もぜんぜん違うけど、自分の体験がなぜかリンクする。デジャブかな。





壁に残されたモザイク画。今より不便な時代だとしても、意外と悪い時代ではなかったのかも。





黒い岩で作られた黒い遺跡。空と人々を華やかな存在に引き立てる。





モスクの祈りの声は風が吹くと大きくなる。少しでも遠くに届けるために風も協力しているのかな。





ひっそりたたずむ遺跡とひっそりたたずむ民家。一緒に同じ歴史を刻んでいる。





静寂に包まれた町で、子供たちの笑い声が聞こえてくる。ちゃんと時代は動いている。





どこの町にもあるモスク。当たり前の存在になっても、やっぱり見とれてしまう。





町のまわりには広大なオリーブ畑が続く。馴染みの薄かったオリーブが大好物になる。きっかけなんてそんなもの。





優しい町だから人や猫まで優しくなれる。一瞬しか居ない旅人に壁もなく接してくれる。





ボスラへ向かう途中にバスがパンクする。でも、大振動しながらも30キロを走りきる。お疲れさま。





モスクから流れるアザーン。生歌に祈りをのせる。