テヘラン エスファハーン シーラーズ ペルセポリス マシュハド
           T O P     >>     T R A V E L     >>    中 東    >>    イ ラ ン         

 イラン情報  

首都   テヘラン
国土   日本の4.3倍
人口   約7500万人
年収   約135万円
宗教   イスラム教
こんにちわ  サラーム
渡航時期  2013年9月
渡航回数  1回

 イランへの道のり

中央アジアを訪れてからイスラム建築の美しさに興味を持つようになりました。 イランはたくさんの美しいモスクが残った国。世界遺産の数もアジアでは日本に次いで4番目に多い国です。

そんなわけで、イランへの旅の思いが強くなっていきました。


ただ、イランはアメリカから"悪の枢軸"と呼ばれる国。日本でイランを知るニュースも悪いものばかりです。周りの人に行くと伝えても当然驚かれてしまいます。

少しだけ不安になりましたが、イスラム圏は親切な人が多くて治安の良い国々だと知っていました。さらにネットを調べても、多くの旅人がイランが世界で1番親切な人々だったと書いています。


そんな感じでやっと訪れることができたイラン。予想通りか、予想以上か、逆にそれが当たり前なのか、ほんとにたくさんの親切をもらってしまいました。
何回も団らん中のお茶に誘われたり、すれ違いざまにイランに来てくれてありがとうと言われたり、人懐っこい人が多くてすぐに話しかけてきたり。とても楽しい滞在でした。


さらに欧米からの制裁でイラン通貨安。だから食事やお土産もほんとに安く感じます。
お土産もおしゃれで洗練された工芸品が多い。中東では珍しく値札がついている店が多くて、不安なく買い物を楽しめます。ただ、そのおかげかあまり値引きはしてくれず、クレジットカードも使えません。それでも安いけど。


また日本人と似たまじめな人々が多い印象です。だから交通や社会のシステムは意外としっかりしています。車とか電化製品も自国で作ってしまう。

こんな見どころがたくさんで魅力だらけのイラン。真逆のイメージを持たれてかわいそうになってきますが、まぁ、いろんな事情、利害関係で世界は動いているだなと思います。もし偏見を少しでも持たないならぜひおすすめの国です。