ビエンチャン ルアンパバーン シェンクワン バンビエン フアイサーイ ナムカーン川
ビエンチャン ルアンパバーン シェンクワン バンビエン フアイサーイ ナムカーン川 ベトナム 中国 カンボジア タイ ミャンマー
        T O P    >>   T R A V E L    >>   東 南 ア ジ ア   >>   ラ オ ス   >>   ル ア ン パ バ ー ン      



優雅なメコン川と素敵な山々に囲まれた世界遺産の町。さらに、たくさんの美しい寺院が彩りを加えてくれる。





風にのって届くニワトリの鳴き声や子供達の笑い声。普段聞いている街の音とはずいぶん違う。





飾らない景色が大きな波となって心に押し寄せる。理由はわからないけど、この町好きかも。





シンプルな世界に心から癒される。幸せってそこら中に転がっているのかな。





丘の上にたたずむ仏塔は、町を優しく照らし、心の奥まで光を届けてくれる。





色鮮やかなお供え物に、色とりどりの願いをのせる。





人や車が多すぎないから素朴な町が生まれる。人や車が少なすぎないから居心地の良い町が生まれる。





短いメイン通りには、おしゃれなレストランや土産店がたくさん。旅人にとって最高の町。





王宮は大きさで力を誇示するだけではなく、美しさでも誇示できる。





早朝に托鉢する僧が、まだ薄暗い町を華やかに染めてくれる。





人々から食料をほどこされる僧が、逆にその食料を貧しい子供達にほどこす。困っている人を助けるわかりやすい仕組み。





心は穏やかになり、なんだか幸せな気分で満たされる。寺院があるべき姿かな。





ターバン見たらインドらしい。毛皮の帽子を見たらロシアらしい。日傘を差した僧を見たらラオスらしい。ひとつラオスに近づける。





思いが詰まった建物だから、優しさが美しい形となってあらわれる。





ラオスの仏像は、人間味のある親しみやすい表情。敷居が低いおかげで、人々の生活の一部になるのかな。





一瞬で過ぎ去るこの時間。だからこそ余計に感動してしまう。止まっているようで早いんだよな。





歩いても歩いても端が見えないナイトマーケット。夜限定でお土産専用の巨大商店街があらわれる。





東南アジアの旧正月を祝う水かけ祭り。町中で逃げたり追いかけたり、大騒ぎの水かけバトル。





町の中心ではピーマイラーオ(ラオス正月)のパレード。電飾は着いていないけど遊園地よりおもしろかったり。





たくさんの少数民族が住む国だから、たくさんの個性的な文化や衣装があらわれる。





僧にも無礼講で水をかけている。でもちょっと控えめなのが、ほほえましくて良い関係。





重装備で身を固め、水が飛び交う戦場で大活躍。でも、丸腰の旅人を狙うのはちょっとにしてね。





毎年選ばれるらしいミス・ルアンパバーン。象に乗って登場。





使いすぎで町の水道が止まる。でも、そんなの気にせず川から補給。みんな生活より祭りに夢中。





若者は車に乗り込んで水かけバトル。小さな町のあちこちで戦いが繰り広げられる。





水をかけあい、粉をかけあい、顔に泥を塗りあう。気づけばびしょびしょになって心の底から笑っていた。





水をかけられた瞬間、水圧と冷たさで心臓がヒヤッとする。でもすぐに、気持ちよい爽快感と笑顔になれるから不思議。





警戒していたって不意に水が飛んでくる。ドキドキの町歩き。





1年で1番暑い時期だから、濡れなきゃ損。





宿に戻ったら全身水浸し。でも楽しかったな〜。