お気に入りの曲 きれいなチルアウト 4つ打ちのチルアウト 民族系チルアウト 哀愁系チルアウト 歌入りチルアウト アンビエント 日本人のチルアウト



<アーティスト> Carbon Based Lifeforms
<タイトル> Betula Pendula
<アルバム> World Of Sleepers
哀愁ただようメロディーに惹かれる曲。





<アーティスト> Asura
<タイトル> They Will Come
<アルバム> Fahrenheit Project Part One
サイケデリックで重厚な曲。
4つ打ち。





<アーティスト> Chymera
<タイトル> Umbrella
<アルバム> Best Of 2008
あふれ出すシンセの音が気持ちいい。





<アーティスト> H.U.V.A. Network
<タイトル> Overload
<アルバム> Distances
中盤からの盛り上がりがかっこいい。
4つ打ちの大好きなアンビエント。





<アーティスト> Carbon Based Lifeforms
<タイトル> Photosynthesis
<アルバム> World Of Sleepers
アシッドの音と哀愁ただようメロディーが重なり合う。





<アーティスト> Shulman
<タイトル> Instability
<アルバム> In Search of a Meaningful Moment
後半はとろけるような気持ち良さ。





<アーティスト> Shpongle
<タイトル> Outer Shpongolia
<アルバム> Nothing Lasts...But Nothing〜
繊細な音がどんどんあふれ出す。





<アーティスト> Solar Fields
<タイトル> Union Light
<アルバム> Fahrenheit Project
静かに疾走する曲。





<アーティスト> Ohmna
<タイトル> The Sun Will Shine
<アルバム> The Sun Will Shine
哀愁ただようきれいな曲。





<アーティスト> H.U.V.A. Network
<タイトル> Rain Geometries
<アルバム> Live At Glastonbury Festival 2
だんだん曲が進むにつれて光が差し込んでくる。





<アーティスト> Impossible Landscape
<タイトル> Entheogenic
<アルバム> Module 1
サイケデリックでシンセと歌声が心地良い。
途中は4つ打ち。




<アーティスト> Shpongle
<タイトル> Dorset Perception
<アルバム> Tales of the Inexpressible
名曲というくらい完成された美しい曲。





<アーティスト> Saiko-Pod
<タイトル> Going Down In Chinatown
<アルバム> Phutures And Options
トランスの曲を作るアーティスト。
シンセの音とブレイクビーツがかっこいい。




<アーティスト> Solar Fields
<タイトル> Electric Fluite
<アルバム> Module 1
シンプルできれいな曲。





<アーティスト> Carbon Based Lifeforms
<タイトル> Init
<アルバム> Interloper
哀愁ただようシンセに引き込まれる。





<アーティスト> Bedrock
<タイトル> Beautiful Strange
<アルバム> The Chillout Session
哀愁ただよう美しい曲。





<アーティスト> Shpongle
<タイトル> Around The World In A Tea Daze
<アルバム> Tales of the Inexpressible
ライブでもかっこいい曲。





<アーティスト> Maido Project
<タイトル> Assifa Ramlia
<アルバム> Opium Lounge
エキゾチックな中東風の4つ打ちの曲。



           T O P     >>    M U S I C     >>     チ ル ア ウ ト    >>    ア ン ビ エ ン ト         


アンビエントを集めてみました。
チルアウトとの違いがわかっていませんが。

■下から選んで、左の映像でどうぞ聴いて下さい■


 このページは個人的に大好きなチルアウトやアンビエントを紹介しています。
 とは言いつつ、いまいちジャンルの違いはよくわかりません。 チルアウトではない曲も入っていますが気にしないで下さい。


 チルアウトは、CD屋さんでは"クラブ"や"テクノ"のコーナーに並んでいます。そもそも、パーティーで踊りあかした後のクールダウンのために聴くのが始まりだと思います。
 たいていの野外パーティにはチルアウトのブースがあります。ここで紹介しているような曲はあまり流れませんが、興味があったらどうぞリラックしてみて下さい。


※ リンクしている"YouTube"は見つけた映像なので、リンクが切れているかもしれません。