ヤンゴン バガン インレー湖 チャイティーヨ バゴー
ヤンゴン バガン インレー湖 チャイティーヨ バゴー ラオス 中国 インド タイ
         T O P    >>   T R A V E L    >>   東 南 ア ジ ア   >>   ミ ャ ン マ ー   >>   バ ガ ン       



3000を越える仏塔が顔を出し、それぞれの個性がここをダイナミックな景色に変える。





絶景の大平原に仏塔だけが優雅な姿で残る。もしかして、1000年前の高級住宅街だったり。





そんなに有名じゃないし世界遺産でもないけど、秘密めいた基地に心の奥からワクワクしてしまう。





暑い日差しに木陰が存在感を増していく。次の木陰は過去へと通じる門の先。





仏塔が姿を現わした時の驚きと喜び。昔からずっと変わらないだろうな。





欲張ってたくさんの願いを持ってきても、次から次に余裕を持って聞いてもらえる場所。





かわいらしい掛け声で馬を操るおじちゃん。一日中聞いたおかげで忘れられないメロディーになる。





魅力を持った仏塔が3000も集まっている。一瞬で過ぎ去る旅人はどんどん記憶があいまいになっていく。





たくさんの仏さまがいる場所だから、他より少しでも目立ちたいのかな。





次の建てもの探訪は、仏像を置ける収納が壁に100ヶ所以上ついた仏塔。アールがいい感じです。





終わりが近いことを意識すると、気づかなかった美しさが見えてくる。





寺院の敷地は裸足。屋外は泣きたくなるほど高温で、つま先で飛びはねながら進む。まだまだ修行が足りないな。





良い環境が良い人を作りまた良い環境になる。優しさが繰り返されたおかげでたくさんの優しい形が現れる。





暑さでHPが切れかける。あの城の宿屋で休んで教会でセーブしよ。





心の奥から穏やかになれる理由。そもそもまわりの景色が素敵なんだよな。





思いつきでクルージング。でも、そんな思いつきが最高におもしろかったり。





人の数だけ仏陀はいる。イケメンだったり、かわいかったり、たまには怖かったり。





空と太陽がいつもより近くなる。いつも下ばかり見ていたってことかな。





金色の物体に価値を持たせた人間。やっぱり現代は煩悩だらけだったり。





寺院はおしゃれをしていく場所。大切なものがシンプルだとみんなが笑顔でいれる。





川の横で優しく輝く仏塔。きっと迷ったときの灯台代わり。





美しさの主導権はいつだって太陽にある。





日が暮れてしまう時のさびしさなんて忘れかけているけど、たまには立ち止まって今日1日に感謝。





色を失い見えなくなったとしても、もうこれからは心の中で鮮やかによみがえる。





また必ず訪れたい場所、地球上にどんどん増えていくな。





ごちゃごちゃ入り組んだ市場は先が読めない。だから冷静を装っているけど心の中は冒険家気分。





騒がしすぎない、静かすぎない。それが居心地の良さ。





トラックの荷台は無限の可能性を秘めている。