ヤンゴン バガン インレー湖 チャイティーヨ バゴー
ヤンゴン バガン インレー湖 チャイティーヨ バゴー ラオス 中国 インド タイ
         T O P    >>   T R A V E L    >>   東 南 ア ジ ア   >>   ミ ャ ン マ ー   >>   バ ゴ ー       



今は少ししか面影を残さないけど、過去に都が置かれた歴史深い街。





1200年前に建てられてから何度も苦難を経験する。地震で崩れた姿も今の美しさに含まれる。





この仏塔の美しさ、名もない人々の優しさから作られている。





尊いものを派手にする、それがここでの文化。





尊いものを派手にしない、それが日本の文化。こんなところで鎌倉大仏に再会。





わかりやすいから庶民に広まる。伝統を守るのも必要だけど、新しさも必要ってことか。





前から見ても後ろから見てもブッダがにらみを利かす。悪さはできないな。





心地良い鐘の音が響く仏塔に、突然マイクで騒々しい祈りが始まった。でもこっちも悪くない。





東南アジアの熱い日差し。人間だって暑いんだから一緒だよな。





ある所では狛犬と呼ばれ、ある所ではスフィンクスと呼ばれ、ある所ではシーサーと呼ばれ、世界中に広がる守り神。





出来立ての新しさが残る500年前の王宮。今から500年分の古さをゆっくり身につける。





こういう大きさは写真じゃ伝わらないんだよな。と思いつつあっちこっちから撮ってみる。





ジャングルに埋もれ雨に打たれていたこともあるけど、専用の屋根ができ人も集まり今はきっと充実した毎日。





裸足で歩いても痛くもないし熱くもないんだろうな。都会育ちには裸足で寺院の屋外の敷地まで歩くのがつらすぎる。





門が見えない線を作るけど、のどかさはあっちもこっちも変わらない。





ブッダの教えに日々向かい合うと、だんだん似てくるってことかな。





自分の国とこの国の違い。たくさんある気もするし、ぜんぜんない気もする。





一瞬で過ぎ去る景色。一瞬で好きになったりするんだよな。





自分で作ったものを自分で売る。しなくなったのは、ここ最近の話。





お米を愛する国の景色、よく知っている。





あの先の世界は一生あの先のまま。でも、たまに写真を見返すとあの先が気になったりするんだよな。





スイカって丸ごと買うのはためらってしまう。頭を使った商売。





ここでの商売って生活のためでもあり井戸端会議のためでもある。





国中にあふれる金の仏塔。きっとコンビニより大切な存在。





知らない料理のおいしさが幸せにしてくれる。知っているビールのおいしさが幸せにしてくれる。