ヤンゴン バガン インレー湖 チャイティーヨ バゴー
ヤンゴン バガン インレー湖 チャイティーヨ バゴー ラオス 中国 インド タイ
    T O P    >>   T R A V E L    >>   東 南 ア ジ ア   >>   ミ ャ ン マ ー   >>   チ ャ イ テ ィ ー ヨ  



ミャンマーで一番の聖なる地。たくさんの巡礼者が山の上にある金色の岩を目指す。





まだ岩までは遠いけど、入り口からは裸足になってありがたい大地を踏みしめる。





落ちそうで落ちない。確かに、この岩は人々を夢中にさせる。





大前提で山頂は気持ちいい。聖地になる前から心を癒す場所かな。





ブッダの髪の毛で絶妙なバランスをとっている。人間の髪だと煩悩だらけで一瞬で落ちるかも。





山の天気は変わりやすい。おかげでダイナミックな雲のダンスが見れる。





きっと小さな頃から祈り続けてきた。慣れた姿からは美しさがにじみ出る。





男性しか岩に近づけないし触れない。小さな金箔に2人分の願いをのせて岩に貼る。





お祈りも大事だけど、お布施も大事。





この場所に5時間以上滞在する。岩以外には何もない場所だけど、あっという間に時間は過ぎ去っていく。





次々と新しい景色が現れる。そりゃ、飽きないはずだ。





欲望をなくすことが修行なら、欲望を残すこともまた修行。お坊さんが記念撮影で思い出作り。





空はゆっくり暗くなり、金色はゆっくり輝きを増す。心が満たされるのはあっという間だけど。





低い声の美しい祈りが風に乗り、あたりはオレンジ色の霧に包まれる。どうやら別の岸にやってきたみたい。





ここにやって来れた奇跡、雨季なのに夕日が見れた奇跡。人生は奇跡の連続でできている。





1日の終わりに寂しさが押し寄せる。いつもの終わりはもったいない位にあっけないんだな。





世の中の物すべてがにじんで闇に消えていく。そろそろ家に帰りなさいってことか。





新しい1日が始まる早朝、昨日の残り香をまだ優しく含んでいる。





人々の幸せを祈り人々が幸せになれば、きっと自分の幸せになって戻ってくるかな。





一晩中輝いてくれてありがとう。今日も素敵な一日でありますように。





厚い雲に覆われたとしても、雲の上ではいつも太陽が輝いている。





ただの岩に意味を持たせるのは人間。意味を持った岩に祈るのも人間。人間以外にはただの岩だよな。





心の中に幸せを感じるのは人間、苦しみを感じるのも人間。どっちか決めているのはただの心だよな。





寺院の中にずっとこもるより、庶民にとってはずっと教えが近くなる。毎朝の托鉢っていいな。





山の町で遊ぶサッカーは、坂道を転がるボールの追いかけごっこもしないとね。





シンプルな町だから売っている物もシンプル。素朴な町だから住んでいる人も素朴。





山奥の山頂にある町への交通手段。たった唯一の恐怖の乗り合いトラック。





荷台に足を小さくたたんで、ぎゅうぎゅうになって乗る。





くねくねの坂道を勢いよく登ったり下ったり。その辺のジェットコースターよりおもしろい。





手すりがないから端に座ると怖かった。1番前の列の人だけつかまれる。





ジェットコースター嫌いだとつらい道。子供は吐いているし。