ヤンゴン バガン インレー湖 チャイティーヨ バゴー
ヤンゴン バガン インレー湖 チャイティーヨ バゴー ラオス 中国 インド タイ
        T O P    >>   T R A V E L    >>   東 南 ア ジ ア   >>   ミ ャ ン マ ー   >>   ヤ ン ゴ ン      



10年前に首都の座をゆずった街。でも、そんなの関係なしに大発展を続けている。





ミャンマー最大聖地の仏塔は、小高い丘から人々を優しく見守ってくれる。





国が変われば参道も変わる。でも、お土産屋さんが並ぶのはどこも一緒。





本物の金が放つ輝きの重さに驚いた。金メッキの輝きに慣れすぎているのかな。





たくさんの祈りがたくさんの仏塔に託されて、次から次へ美しさとなって現れる。





何かを祈る。その姿はこの寺院のどの仏塔より美しい。





個性的な屋根が記憶に刻まれる。これから似た屋根を見つけたらここを思い出す。





何の違和感もなく一緒に座って祈る。同じ仏教国に生まれたおかげ。





寝てても座ってても立ってても同じブッダ。だったら座っているブッダがいいかな。





ちょっとよそ見をしても願いは届く。便利な祈りの場。





遠い存在だった黄金。これからも遠い存在だけど、記憶をたどればいつでも輝いてくれる。





丘の上の涼しい風と冷たい大理石。暑かった一日の終わらせ方をよく知っている。





祈っていてもボーっとしていても、ここでは誰もが幸福感に包まれる。





金は派手な存在でもあり、落ち着く存在でもある。





塔の中心にある見るだけで願いがかなう像。外人は直接見れないけど、画面越しで少しでも願いがかなうといいな。





東南アジアだけどなんか東南アジアっぽくない。仏教に熱心な人々だから街全体が優しくなるのかな。





裏道に迷い込むと、蒸し暑い空気、果物やスパイスの匂い、ごちゃごちゃの騒がしさ、やっぱり東南アジアだった。





びっくりするのは外人だけ。きっとダルマみたいに当たり前の存在になっている。





オープンカフェって心地いい。オープン床屋もきっと心地いい。





日本で活躍した勲章を残しつつ、新たな人生をがんばっている。





平和が守られている安心の市場。いつでもトランスフォームしてくれる。





やる気のない店員。そんなのんびりとした空気が大好きだったりするんだよな。





巨大な迷路になった市場で、なぜか同じ店ばかりに戻ってくる。催眠術か運命か。





大型スーパーって便利だけど、大切なものを無くしてしまっている。





人と車が行き交う混雑の中心地。ここには緑が似合わない、なんだかそう思った。





青や赤より目立つ色。聖地が放つ特別な色。





路上の小さな屋台で夜ご飯。初めての外人客でうれしそうな店主。そんな素朴な姿にこっちまでうれしくなる。