コロンボ シーギリヤ キャンディ ピンナワラ アヌラーダプラ ダンブッラ
コロンボ シーギリヤ キャンディ ピンナワラ アヌラーダプラ ダンブッラ インド モルディブ
          T O P    >>   T R A V E L    >>   南 ア ジ ア   >>   ス リ ラ ン カ   >>   ダ ン ブ ッ ラ        



南国の暑い日ざしが照りつける山の頂上。人も猿も世界遺産の寺院も、岩陰で暑さをしのぐ。





寺院にある洞窟は小さな入口の巨大な秘密基地。ちょっとワクワク、ちょっとドキドキ。





電気がない時代。きっと今よりもっと心の内と現実の境界があいまいな時代。





何もない静かな世界で修行する。物があふれ騒がしい世界だと幸せを見つけだすのは難しい。





いくつも洞窟の部屋があり、いくつもの仏像が並んでいる。飽きずにじっくり観光する。これもまた修行かな。





心が静かになる場所なのに、たまに心がざわついた。光がなかったらちょっと怖いけど。





洞窟を出るとまぶしすぎる世界。太陽の力ってやっぱり偉大。





入り口からは想像もできない隠れ寺院。そんな隠れた場所に惹かれるのは今も同じか。





すべての植物は動物から出来ている、すべての動物は植物から出来ている。





時代は変わり理解するのは難しくなったけど、想像する楽しみを残してくれる。





魚が1匹、魚が2匹、魚が3匹。。。修行中は絶対数えない方がいいな。





猿が集まる場所で座禅する。まずは人々の平和より、猿の群れの平和が先決かな。





いつもよりダイナミックに動く雲。窓の枠の中やデコボコのビルの合い間だと雲もきゅう屈ってことか。





湖のほとりに象が歩く。湖の上に白鳥のボートが浮かぶ。知らない人にとったらどっちも驚き。





生きるために必要なもの、多すぎず少なすぎず。





ジャングルは隠れる場所が多すぎる。遠くに離れてやっと見つけた。





ジャングルの中に埋もれたホテル。おかげで動物がたくさんやってくる。





お風呂に入りながら目の前の猿を眺める。お互い興味津々。





15m級の巨人に自ら食べられる。この寺院は地獄なのか天国なのか。





流れる景色に異国を感じたり日本の里山を感じたり。どんなに遠くを旅しても、生まれ故郷はいつもそばにいる。





最近でかいのが流行っているけど、同じ目線だと祈りがずっと届く気がする。