コロンボ シーギリヤ キャンディ ピンナワラ アヌラーダプラ ダンブッラ
コロンボ シーギリヤ キャンディ ピンナワラ アヌラーダプラ ダンブッラ インド モルディブ
        T O P     >>     T R A V E L     >>    南 ア ジ ア    >>    ス リ ラ ン カ    >>    コ ロ ン ボ      



70万人が住む首都はのんびりとした雰囲気。南国の大地に海が優しい風を届けてくれるおかげかな。





雑魚寝のブッタが迎えてくれる寺院。薄目で上から見下ろされるより親しみがわいてきた。





どんどん建てものは高くなり小さな存在になっていく。でも気持ち1つで、いつでも大きな存在に戻ってくれる。





壁がない本堂に心地良い風が流れる。どこに行っても寺院は心が安らぐ場所。





日が沈み目の前の世界がシンプルになっていく。見えなくなるものもあれば、見えてくるものもある。





クレーンがたくさん集まって空を吊る。





国を代表する高層ビルを前に、高さへの感動を失っていることに気づく。スカイツリーのせいかドバイのせいか。





首都の中心で緑とコンクリートのオセロ勝負。まだ緑が優勢かな。





簡単なようで複雑で、複雑なようで簡単で。もしかしてメイド・オブ・レゴだったり。





リキシャと西洋風の街並み。何度見たって目になじまない。





旅行者なんていない下町は、冒険家気分になれる場所。





晴れの日の記憶と雨の日の記憶。きっと雨の日の記憶は流れやすいのかな。





強盗はきっとこの銀行には入りたくない。なんか嫌な未来が見えてくる。





交差点で信号を待つ。非日常の旅で日常を旅している。こんな普通すぎる瞬間が好きだったり。





大きなバス停で大きな荷物をかかえて右往左往。仲間を見つけたとたん、なんだか急に楽しくなってくる。





生物は海から誕生した。その時のDNAがずっと海にあこがれをいだかせるのかな。





完成したら古びた記憶に変わり、思い出すことすら忘れてしまう。今だけのお楽しみ。





同じ仏教の国だけど違うことが多すぎる。でも、苦しみのない幸せを祈るのは一緒。





人々を救うための方法を瞑想する。でも、どうか夢中になり過ぎないように。





ライオンの像やらクラシックカーやらが置かれたおもしろい寺院。教えを広めるための役目はとりあえず果たしている。





ライトアップは人が集まる場所。そんな固定概念のおかげで少しさびしい世界。





遠い異国で故郷を知れる。うれしいようなうれしくないような。