メキシコシティ カンクン サンミゲル・デ・アジェンデ トゥルム グアナファト パレンケ
メキシコシティ カンクン サンミゲル・デ・アジェンデ トゥルム グアナファト パレンケ アメリカ合衆国 グアテマラ ベリーズ キューバ
     T O P    >>   T R A V E L   >>   ア メ リ カ 大 陸   >>   メ キ シ コ   >>   グ ア ナ フ ァ ト     



3つのフレーバー入りアイスを食べる。町の全貌を見るにはピッタリな時間。





にぎやかにあふれる色を、脳は最大公約数で塗り直す。





あちこちに車専用の古びた地下道が走る。肝試しには困らない町。





目的地もなく、あてもなく、ただプラプラするのが目的の時間。





オープンカフェでビール1杯のひと休み。おつまみは目の前を歩く人々。





テーマパークっぽいなと思う町並みは、次からはメキシコっぽい町並み。





まるで呼吸のように。吸って吐いて吸って吐いて。





地下トンネルには交差点があったり、車が駐車されていたり。アンダーグラウンドにはエンジン音が鳴り響く。





出口の明かりはリラックス効果つき。





禁じられた恋の悲劇の物語となった小道。道幅が狭くてメタボにも悲劇の道。





明るくて気さくな住人が鮮やかな家を作る。つまりこの町って楽しい人だらけ。





曲がった事は嫌い。直角に生きるべし。





手のひらの上でコマ送りに変わる影模様。手を下ろすと地面に落ちた。





市場から生まれるたくさんの音は、1つの交響曲になって響いてくる。





懐かしい匂いは、閉じ込められた記憶を突然解放させる。





中に入ると外の華やかさが一瞬で消える。びっくりして少し居心地が悪くなる。





町の外は何もない大地。タクシーの座席で体をくねらせ背伸びする。