マラケシュ フェズ メルズーガ ワルザザート メクネス カサブランカ
マラケシュ フェズ メルズーガ ワルザザート メクネス カサブランカ チュニジア ベルギー ナミビア
         T O P     >>     T R A V E L     >>    ア フ リ カ    >>    モ ロ ッ コ    >>    メ ク ネ ス       



300年前に都があった街。世界遺産の旧市街地はのんびりとした空気に包まれる。





アフリカで1番美しいと言われる門。意識したことで始まる新たな楽しみ、アフリカで2番目に美しい門を探す旅。





小さくてきれいな模様が集まり、大きいのに繊細な模様が出来あがる。イスラム芸術の本領を発揮。





強烈な日差しが乾燥した大地に降りそそぐ。とにかく大きな広場で、最初に日陰を探す。





風の道と呼ばれる道は、風を感じるより空の近さに驚いた。風を空へと届ける滑走路かな。





あてもなく歩いていると、いつもとは違う日常へ迷い込む。せかせかしない日常がうらやましい。





コツコツとリズムを刻む足音は、心地良い響きになってやってくる。





昼下がりの市場は静けさに包まれる。お腹も満たされ、つかの間のストライキ。





猫もお決まりの寝床で昼寝する。遊ぼうとしても一切構ってくれない。





街のまわりはどこまでも続く田園地帯。窓に流れる色とりどりの世界に心を奪われる。





ここは黄色国の領地。ピンク国がすぐそばまで勢力をのばしている。





大量のミントと大量の砂糖。お酒がないモロッコで、ウイスキーと呼ばれるミントティーになる。確かにだんだん中毒っぽくなってくる。





水が少ない土地だから、水無しで調理できるアイディアの鍋。タジン鍋で作られる料理は素朴でヘルシー。