リマ ナスカ クスコ マチュピチュ ララヤ プーノ
リマ ナスカ クスコ マチュピチュ ララヤ プーノ グアテマラ ブラジル ボリビア
          T O P     >>     T R A V E L     >>    ア メ リ カ 大 陸    >>    ペ ル ー    >>    ナ ス カ        



地上絵にかすんでしまうけど、絶景に囲まれた素朴な町もいい味だしている。





初のセスナに乗るドキドキと、地上絵に会えるドキドキ。怖いんだけど上から見てみたい。





ゲームで経験した事のあるセスナの操縦。実物は絶対無理だと気づく。





地上絵の前に、まずダイナミックな大自然が飛び込んでくる。自然が創り出した太古の絵。





地上絵って意外と小さい。感動の前にまず宝探しのゲームが待っている。この中にも1つ地上絵が写っているけど。。。





地面に横たわるただの絵は、目の前に現れると広大な大地の中を飛んでいる。





こんな巨大な絵を見せられたら、そりゃ、人間以外の存在を信じてしまう。





あちこちにクモの巣を張って、獲物が来るのを待っているのかな。





落書きのような絵だけど、人間の頭と、地上絵の謎を解く重要な手がかりを持っている。





パイロットはこれでもかと言うほど飛行機を傾ける。恐怖の絶叫マシーンから小さな猿が飛び込んでくる。





自分の作品を一度も見ることが出来なかった名もなき古代人。でも、しっかり後世の人を感動させている。





道路沿いにも地上絵が潜む。地上の人と地上の絵を高みの見物。





地上絵とまわりの景色、どっちも見とれてしまう。あっちを見たりこっちを見たり。





南北アメリカを縦断する道は、一直線に延びる現代の地上絵。





たった30分ちょっとのあっという間のフライト。普通の30分とは違う、濃すぎる時間を楽しめる。





広いし、きれいだし、まっすぐだし。ドライバーが猛スピードにさえならなければ最高の道なんだけど。





唯一、地上から地上絵が見える場所。鉄塔に登ると、まず自分自身の地上絵に出会う。





雄大な景色を前に、地上絵は簡単に埋もれてしまう。お手上げの絵。





よく見るとただ石をどかしているだけ。もしかしたら、子供のいたずらだったり。





壮大で美しいサンセットが終わりさびしさに包まれる。でもすぐに存在感のある満月が心を満たす。





のんびりとした町にあるのんびりとした広場、今日一日を振り返るには最高の空間。





バス停に描かれた地上絵。本物よりこっちの方が後世に残りそう。