ラサ ナムツォ タクツェ シガツェ ギャンツェ 青海チベット鉄道 川蔵公路
           T O P     >>     T R A V E L     >>    東 ア ジ ア    >>    チ ベ ッ ト         

 チベット情報  

首府   ラサ
国土   日本の約3倍
人口   約270万人
年収   約27万円
宗教   チベット仏教
こんにちわ  タシデレ
渡航時期  2007年11月
渡航回数  1回

 チベットへの道のり

同じアジアにありながら、あまり馴染みないのないチベット。名前は知っていても、どんな所でどんな状況に置かれているのかはあまり知らないと思います。


そんなチベットとの最初の出会いはネパールを訪れた時でした。
ポカラという街でたまたまチベット難民キャンプを訪問。その時はなぜ難民なのか理解はしていませんでしたが、チベット文化にとても興味が湧きました。

それから3年後、チベット亡命政府が置かれるインドのダラムシャーラを訪れました。ここでチベットを好きになり、また中国侵略の歴史を深く知ることになりました。

そして、チベットに行きたい気持ちがどんどん大きくなる日々。ダライラマ14世の日本での講演に行ってみたり、チベット関連のDVDを買ってみたり。

で、それからさらに3年後の今回、ようやくチベットへ行く事ができました。それも、開通してまだ日が経っていないチベット鉄道に乗って!

そんな思い入れもあり、チベットでの滞在はほんとうに夢のような日々でした。


チベットの情報ですが、
今現在(2007年)、外国人はチベット自治区内を自由に旅する事ができません。オリンピックを開催する国なのに、国内でこんな規制があるなんて異常です。チベットが中国に占領されているという現実があるので仕方ないですが。


まず、チベット自治区内に入る為には"入域許可書"が必要になります。個人での取得は難しいようなので、旅行会社経由になります。一応、無くす方向で話が進められているそうですが、利権も絡んでいるそうで実現はまだ先かも。

また、許可書を取得するには中国ビザも必要です。
15日間の滞在まではビザが要らなくなりましたが、チベット自治区へ行く場合は日数に関係なくビザが必要です。で、ビザを準備してから"入域許可書"を申請すると、普通2、3日で発行されます。

ただ、日数はその時の政治の影響もあるようで、私が取った時は共産党大会が北京で開催されていて、発行まで2週間弱もかかってしまいました。
ちなみに中国の成都で申請しましたが、手数料込みで350元(約5000円)。


そして、"入域許可書"を取ればチベット自治区内を自由に旅できるわけではありません。訪問できる場所は限られていて、ラサとシガツェ(チベット第二の街)とその周辺の一部しか訪れる事ができません。
それ以外の場所は、別に"外国人旅行書"を取る必要があります。

"入域許可書"はチベット自治区内へ入る為に必要。"外国人旅行書"はチベット自治区内を旅する為に必要、といった感じ。

"外国人旅行書"が無いのに、指定された地域以外を旅していると公安(警察)に捕まります。外国人の不法滞在のチェックが厳しいエリアもたくさんあります。

もし捕まった場合、というか捕まってしまったのですが、罰金500元(約7500円)。移動中だとバスやタクシーの運転手にも、外人を不法に乗せたという事で一人に対して100元ずつを払っていました。そして捕まった本人はもと来た場所に強制送還。


"外国人旅行書"を取得するには現地のツアーに入る必要があります。その為、ローカルバスで数百円で行ける場所も、車をチャーターしないといけないので、数万円かかってしまいます。

ちなみに"外国人旅行書"や"入域許可書"が無くても旅できたという人はたくさん居るので、季節や時間帯や政治的な流れや地域などで状況は変わると思います。旅する前や現地での情報収集が必須だと思います。


あまり安く旅する事ができないチベットですが、日本では経験できないような素晴らしい経験がたくさんできます。鉄道開通で簡単に行けるようにもなったし、ぜひ人生で一度はチベットを訪れてみてください。