ラサ ナムツォ タクツェ シガツェ ギャンツェ 青海チベット鉄道 川蔵公路
ラサ ナムツォ タクツェ シガツェ ギャンツェ 青海チベット鉄道 川蔵公路 中国 ブータン ネパール インド ラダック
         T O P     >>     T R A V E L     >>    東 ア ジ ア    >>    チ ベ ッ ト    >>    ナ ム ツ ォ       



聖なる湖ナムツォへ向かう道。ラサから車で4時間ちょっと、絶景のど真ん中を突っ走る。





人や車は点になって消えてしまうけど、自然はいつまでも優しく包み込んでくれる。





静かで何もない世界。時間だけは確かに流れている。





全長1900キロ、標高5000mを走る道路。今は平和な場所だけど、たくさんの人の血と汗で作られた過酷な道。





小さな町の素朴な食堂で昼食タイム。笑顔があふれる食堂ってどこで食べてもおいしい。





標高5190mの峠では、20、30歩、歩いただけで全力で走るくらいの息切れになる。富士山がはるか下の方。





ナムツォにたどり着く。チベット語で"天の湖"。名前の由来に全くもって異論なし。





汚れる理由がひとつもないから透き通る。水も心も同じかな。





もし心に迷いができたら、この景色を思い出そう。天に舞う旗のように、すべてを忘れ心透き通る。





360度なにもない世界。だからこそ風を感じ、太陽を感じる。





世の中に同じ青なんて1つも存在しない。ここの青はここだけの青。





夏場はテントの宿が出現。贅沢な時間を堪能したかったけど、今は夜が極寒になるオフシーズン。





少しでも良い景色に出会うため、無我夢中で歩き回る。でも、忘れていたけど標高5000mの空気が薄い場所。





タルチョは365日休むことなく風になびき、世界中に仏法と幸せを届けてくれる。





汚れの無い美しさに反射する。まさに一面、巨大な宝石。





あまりにも透き通る青い空。宇宙まで手が届きそう。





どんどん秘境の奥地が秘境ではなくなっていく。どこまでが正解で、どこからが不正解なんて誰にもわからない。





マイナス10度はあると思われる極寒の中、バイクに乗るたくましい地元民。ただ、寒さ対策は万全。





何百キロ、何千キロもの道のりを五体投地しながら、ラサの聖地ジョカンに向かう。世界中の人々の幸せを祈りながら。





五体投地する人々。一瞬で過ぎ去ってしまうけど、きっと熱い人生ドラマが詰まっている。





ラサまであと少し。でも、聖地へは簡単に通してくれない。





過酷な環境で生活する人々。だからこそ苦しみのない幸せを考える。





ヤクの道路横断。お先にどうぞ。